ベルシステム24、コールセンター業界初、LGBTなどの性的少数者に関する取組の評価指標「PRIDE指標2019」の最高位"ゴールド"を受賞

2019/10/11  株式会社 ベルシステム24ホールディングス 

ベルシステム24、コールセンター業界初、LGBTなどの性的少数者に関する取組の評価指標「PRIDE指標2019」の最高位"ゴールド"を受賞

株式会社ベルシステム24ホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員CEO:柘植 一郎、以下:当社)は、LGBTなどの性的少数者(以下:LGBT)に関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体work with Prideが策定した、企業・団体等におけるLGBTに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標2019」の最高位である"ゴールド"を、コールセンター業界で初めて受賞しました。当社は昨年、「PRIDE指標2018」ブロンズを受賞しましたが、以降も同性および事実婚パートナーを持つ社員を対象に人事制度を適用するための規程改定や、LGBTフレンドリー企業が集まる採用イベントへの参加によるLGBT支援の取り組みなどを進めてまいりました。

『work with Pride 2019』セミナーでの写真

「PRIDE指標2019」ゴールド ロゴマーク

「PRIDE指標」では、「Policy(行動宣言)」「Representation(当事者コミュニティ)」「Inspiration(啓発活動)」「Development(人事制度)」「Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)」の5項目が評価指標となっており、当社の取り組みがすべての項目において高い評価を受けた結果、今回の受賞に至りました。

当社は、「多様な人材が、楽しく、安心して働ける、人に優しい職場(コミュニティー)の創出」を企業理念として掲げています。性別や社員の個別事情に関わらず全ての従業員が利用できるモバイルワーク制度や企業内保育所の開設、男性育休取得促進などに加え、LGBTへの差別解消や理解促進のための施策等、多様な社員が安心して、長期に亘り勤務できる環境の創出に向け、これからも環境の整備に取り組んでいきます。

当社作成の「LGBT ALLY」ロゴマーク 当社のダイバーシティ推進およびLGBTに関する取り組みの歩み

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

関連業界