JFEスチール社長賞ならびに新商品開発賞について

2019/12/03  JFEスチール 株式会社 

2019年12月3日
JFEスチール株式会社

JFEスチール社長賞ならびに新商品開発賞について

当社は、2019年のJFEスチール社長賞および新商品開発賞を決定し、12月2日に表彰式を行いました。受賞内容は以下の通りです。

1.社長賞:
優秀賞:4件
・車体軽量化を実現するトポロジー最適化技術の開発
自動車の剛性、操縦安定性、衝突安全性を向上させるトポロジー最適化技術(※)を開発しました。本技術はコンピュータシミュレーションを用いて薄鋼板で構成された車体全体の構造を最適化する設計手法であり、
①部品形状最適化:車体の複雑な荷重伝達を考慮する高精度な部品設計
②接合位置最適化:スポット溶接点や構造用接着剤を効率的に配置する接合位置設計を可能にし、量産車体の設計手法として採用されています。自動車メーカーとの共同開発により車体軽量化と車体性能向上の両立を実現し、高強度鋼板の拡販や燃費向上によるCO2排出削減に大きく貢献しています。
(※)目標特性を満たす斬新なレイアウトを創造する技術
(他の優秀賞の詳細は省略)
2.新商品開発賞:
(1)金賞:1件
・世界最大板厚・世界最高強度を有する冷間ロール成形角形鋼管「JBCR シリーズ」
近年の建築物の高層・大スパン化の要望に応えるため、各種新商品開発に注力しています。その中で、当社の独自技術による最適な化学成分設計と製造方法を用いた冷間ロール成形角形鋼管として、2017年には世界最大板厚である「JBCR295(板厚≦28mm)」を、また2018年には世界最大強度である「JBCR385(降伏強度=385N/mm2)」を開発・商品化しました。これらの「JBCRシリーズ」商品は、高層・大スパン化に即した設計上の選択肢が広がることで、建築構造の設計者から高い評価を得ており、着実に採用実績を伸ばしています。

(2)銀賞:3件 詳細省略

(3)銅賞:7件 詳細省略

【写真】北野社長(中央)と社長賞の受賞者

(ご参考) JFEスチールの表彰制度概要
技術分野及び業務改革等において会社経営に貢献した顕著な成果に対し表彰を行なうもので、(1)案件の内容に応じて「技術表彰」、「功績表彰」、「グループ表彰」に分類表彰され、主にそれらの中から特に優れたものを表彰する『JFEスチール社長賞』と、(2)オンリーワン・ナンバーワン商品の拡大に向けた『新商品開発賞』の、2つの賞から構成されます。 表彰制度の概要は、以下の通りです。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。

JFEスチール(株) 総務部広報室 TEL 03(3597)3166

ニュースリリース一覧へ戻る

他の画像

関連業界