JAXA とスカパーJSAT 間の小型実証衛星4型の譲渡完了について

2019/12/03  株式会社 スカパーJSATホールディングス 

JAXA とスカパーJSAT 間の小型実証衛星4型の譲渡完了について

2019年12月03日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(本社:東京都調布市、理事長:山川宏、以下JAXA)とスカパーJSAT 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:米倉英一、以下スカパーJSAT)は、2019 年4 月に締結した譲渡契約※1 に基づき、JAXA が保有・運用していた小型実証衛星4 型(以下、SDS-4)※2 が、2019 年12 月2 日17 時をもって、スカパーJSAT に譲渡されたことをお知らせいたします。
本件は JAXA が開発した人工衛星を民間企業に譲渡した初めての事例であるとともに、スカパーJSAT が低軌道衛星を初めて自ら保有・運用することとなります。現在、SDS-4 は順調に運用されております。

1989 年のサービス開始以来、スカパーJSAT は静止軌道上に通信衛星を保有し(本日現在、軌道上に17 機保有)静止衛星ビジネスを展開してまいりました。近年の技術発展に伴う衛星の小型化や、廉価な衛星打ち上げサービスの拡大を背景に、低軌道衛星は革新的成長を遂げる可能性のある分野として注目されており、低軌道衛星SDS-4 の保有は、2018 年度よりスカパーJSAT が掲げている宇宙・衛星事業ビジョンの一環としての取組みとなります。

また、JAXA が運用中の人工衛星のなかには、今回のSDS-4 のように当初のミッション目的を達成し後期利用段階の衛星が有ります。これらの人工衛星を民間企業が主体となり活用することは、新たな宇宙産業の拡大に繋がると期待され、今回のSDS-4 の譲渡はその第一歩と位置づけています。
JAXA は日本の宇宙開発利用機関として、スカパーJSAT は宇宙ビジネスのパイオニアとして、それぞれの強みを活かし、宇宙産業全体の市場規模拡大を目標とした「宇宙産業ビジョン2030※3」を踏まえ、宇宙産業の活性化を目指してまいります。

※1 2019 年4 月24 日付プレスリリース「JAXA とスカパーJSAT 間の小型実証衛星4 型の譲渡契約締結について」
http://www.jaxa.jp/press/2019/04/20190424a_j.html
https://www.skyperfectjsat.space/news/files/pdf/t_news20190423200319_1419_ja.pdf
※2 小型実証衛星4 型(SDS-4)http://www.jaxa.jp/projects/sat/sds4/index_j.html
※3 宇宙産業ビジョン2030 について https://www8.cao.go.jp/space/vision/vision.html

以上

関連業界