無鉛で380℃封止可能な低融点ガラスフリットを開発

2019/12/03  日本電気硝子 株式会社 

2019 年 12 ? 3 ?

?本電気硝?株式会社

無鉛で 380℃封?可能な低融点ガラスフリットを開発

?本電気硝?株式会社(本社?滋賀県?津市 社??松本元春)は、無鉛であるにもかかわらず、380℃という低温で封?可能な低融点ガラスフリットの開発に成功しました。

ガラスフリットは、封??途において、樹脂材料と?べ、強固な接着性や?い気密性、耐候性が評価され、電?部品製造分野で幅広く活?されています。特に?晶振動?などの IC パッケージの封?には、部材の熱による損傷、変質を防ぐため、低温で焼成可能な鉛含有ガラスフリットが広く使?されています。しかしながら、近年の環境意識の?まりから、鉛を含まないガラス材料の要求が?まってきました。

この度、当社が開発した無鉛ガラスフリットは、TeO2(?酸化テルル)、MoO3(三酸化モリブデン)を主成分とする安定な構造で、?分な耐候性を有しながら 380℃という低温での封?を実現しました。これにより、今までの無鉛ガラス(※)では困難とされていた耐熱性の低い部材の封?が可能になり、より幅広い?途への適?が期待されます。また、ガラスフリットは、樹脂や?属材料と?べて熱膨張係数を広い範囲で調整できるため、セラミックスや?属などさまざまな材料の封?に対応可能です。供給形態は、粉末のほかタブレットやペーストなどお客様の要望に対応いたします。

今後、このガラスフリットを市場に提供することにより、樹脂封?や有鉛ガラス封?の代替を進め、社会における環境負荷物質の低減にも貢献してまいります。

本製品は、12 ? 4 ?(?)~6 ?(?)に開催される「第 3 回接着・接合 EXPO」(千葉・幕張メッセ)の?本電気硝?展?ブース(2ホール、ブース No.8-55)に出展予定です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.neg.co.jp/uploads/news_20191203_jp.pdf

他の画像

関連業界