「旨辛 麻婆スープ」2019年12月3日(火)より新発売

2019/12/03  永谷園ホールディングス 

2019 年 12 月 3 日

「旨辛 麻婆スープ」2019年12月3日(火)より新発売

株式会社 永谷園(社長:五十嵐 仁、東京都港区)は、中華料理で不動の地位を誇る「麻婆」のピリ辛の味わいをエキナカで手軽に楽しめる「旨辛 麻婆スープ」(税込 140 円)を、株式会社 JR 東日本ウォータービジネス(社長:竹内 健治、東京都渋谷区)が運営するオリジナル飲料ブランド acure made<アキュアメイド>と共同開発し、2019 年 12 月 3 日(火)より acure<アキュア>の自動販売機にて数量限定で発売いたします。ピリッと辛い本商品で、冷えた体を温めてあげませんか?

開発経緯

近年の自動販売機市場では、コーンスープやオニオンスープなど洋風系のメニュー、みそ汁やおしるこなどの和風系のメニューはよく目にすることはありますが、実は“中華系のメニューはあまりない”という点に着目しました。昨年は「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」を発売、ありそうでなかったメニューとして SNS などで話題になりました。
(本年も数量限定にて発売中)

当社は「麻婆春雨」や「広東風かに玉」など、中華惣菜を多数展開しており、今回は中華メニューでも人気の高い「麻婆」の味わいをスープで再現しました。具材として大豆そぼろを使用した缶飲料の麻婆スープは日本初です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.nagatanien.co.jp/contents/news_release/580.pdf

他の画像

関連業界