令和2年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定について

2019/12/04  農林水産省  

プレスリリース

令和2年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価の決定について

令和元年12月4日
農林水産省

農林水産省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価を決定しました。

1.概要

「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、安価な輸入品から徴収した調整金を主たる財源として、国産品の生産者及び製造業者に対し、生産・製造コストと販売額の差額相当の交付金を交付する価格調整制度を実施しています。

同法に基づき、令和2年産のさとうきび・でん粉原料用かんしょの生産者に対する交付金の単価を決定しました。

2.甘味資源作物交付金及びでん粉原料用いも交付金の単価

(1) 令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価

1,000 キログラムにつき、16,860円 (対前年+130円/トン)

(備考)
1.この単価は、四捨五入により小数点以下第一位まで算出された糖度(以下単に「糖度」という。)が13.1度以上14.3度以下のさとうきびについて適用します。
2.糖度が5.5度以上13.1度未満のさとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価は、糖度が13.1度を0.1度下回るごとに100円を、この単価から差し引いた額とします。
3.糖度が14.3度を超えるさとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価は、糖度が14.3度を0.1度上回るごとに100円を、この単価に加えた額とします。

(2) 令和2年産のでん粉の製造用に供するかんしょに係るでん粉原料用いも交付金の単価

品種

単価

アリアケイモ、コガネセンガン、こないしん、コナホマレ、こなみずき、サツマアカ、サツマスターチ、シロサツマ、シロユタカ、ダイチノユメ、ハイスターチ及びミナミユタカ

1,000 キログラムにつき、
26,890円(対前年+280円/トン)

その他の品種

1,000 キログラムにつき、
24,230円(対前年+270円/トン)

(令和元年産で上乗せした排水対策等のための経費に加え、収穫残さの持出経費として150円/トンを含む。)

注)交付金単価は、免税事業者等において生じる消費税負担を含む生産コストを全ての交付対象者に適用しているもので、消費税の課税事業者に対する交付金交付の在り方については検討していく。

お問合せ先

政策統括官付地域作物課

担当者:宮部、古田、舘澤
代表:03-3502-8111(内線4843)
ダイヤルイン:03-3502-5963
FAX番号:03-3593-2608

関連業界

フード業界のニュース

外食市場調査2019年10月度 2019/11/29 株式会社 リクルートライフスタイル
『データ保全で組織を守る』セミナー開催(10月4日開催) 2019/09/18 株式会社 ボウラインマネジメント