「金属ナトリウム分散体の新規用途展開-有機合成化学への応用」で『2019年度有機合成化学協会賞(技術的なもの)』を受賞しました

2019/12/04  株式会社 神鋼環境ソリューション 

2019年12月4日
株式会社神鋼環境ソリューション


「金属ナトリウム分散体の新規用途展開-有機合成化学への応用」で
『令和元年度有機合成化学協会賞(技術的なもの)』を受賞しました


株式会社神鋼環境ソリューション、国立大学法人岡山大学、理化学研究所は金属ナトリウム分散体(以下、SD)の有機合成分野への応用に向けた取組みを通じ、公益社団法人有機合成化学協会の『有機合成化学協会賞(技術的なもの) 』を受賞しましたのでお知らせいたします。

1.受賞の内容

 金属ナトリウムは比較的安価で強い還元力を持っているため、様々な場面で有機合成に用いられてきました。しかし、水や酸素と激しく反応するため、その扱いには特段の注意が必要な物質でもあります。当社は、独自の撹拌技術により金属ナトリウムを10μm以下に微粒子化して鉱物油中に分散させることで、反応性のみならず操作性、安全性も高めた金属ナトリウム分散体(SD)を開発しました。当社SDは、価格高騰のリスクを有する有機リチウムの代替として、あるいはクロスカップリング合成における低コストな反応剤として利用いただけます。
 今回の受賞は、当社グループが開発したSDの有機合成分野への適用技術と普及に向けた活動が評価されたものです。


2.今後の事業展開

 有機リチウム化合物、あるいはクロスカップリング反応は医薬、農薬あるいは電子材料分野において広く用いられており、現代の精密合成には欠かせない技術です。 当該分野を含めて、国内外の化学メーカーや製薬メーカーにこの新たな技術を安心してご利用いただけるよう、研究開発並びに普及に向けた取組みを進めてまいります。


詳細は下記リンク(有機合成化学協会賞(技術的なもの))をご覧ください。

https://www.ssocj.jp/award/association-3/#technology


SD外観


○お問い合わせ先

株式会社神鋼環境ソリューション 新規事業推進部 TEL(078)232-8035

他の画像

関連業界