薬剤師支援AIソリューションで、業務の品質向上と効率化を支援

2019/12/04  日本アイ・ビー・エム 株式会社 

薬剤師支援AIソリューションで、業務の品質向上と効率化を支援


TOKYO - 04 12 2019:
2019年12月4日

クラフト株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

クラフト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:森 要、以下 クラフト)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:山口 明夫、以下 日本IBM)の支援により、「薬剤師支援AIソリューション(AIPS:AI Personal Support)」を構築し、クラフトが展開するさくら薬局など約50店舗の調剤薬局において本年7月から利用を開始しました。クラフトは、2020年1月から、全国約600店舗に利用を拡大する予定です。

全国に調剤薬局を展開するクラフトは、1982年の創業以来、「選ばれる薬局」を標榜し、地域の皆様の「かかりつけ薬局」として信頼されることを目指しています。患者本位の医薬分業に向けて薬剤師の役割が広がる中、業務効率を維持しつつ、高度な品質の業務遂行が求められています。

「薬剤師支援AIソリューション」は、処方鑑査、疑義照会、服薬指導といった薬剤師が調剤薬局で行う業務を支援するソリューションです。薬剤師は処方箋の内容について、その適切性を評価し、必要に応じて処方医に対して疑義照会を行います。また、薬の正しい使用法を患者に説明する服薬指導を行います。「薬剤師支援AIソリューション」は、過去から蓄積している膨大な調剤データ、疑義照会や服薬指導の記録をAI技術のパターン学習で解析しています。これにより、処方の確認や疑義照会の必要性などを把握でき、薬剤師の業務の品質向上と作業効率化を支援します。

ご参考:
THINK Business:
“調剤業務”から“対人業務”へ――AIで実現するさくら薬局のデジタル変革
https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/sakura-ai

以上

関連業界