発電用ボイラの木質バイオマス専焼化工事を受注

2019/12/04  株式会社 IHI 

発電用ボイラの木質バイオマス専焼化工事を受注

-2019年12月04日-

プレスリリース

株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:満岡次郎,以下「IHI」)は,このたび,鈴川エネルギーセンター株式会社(所在地:静岡県富士市,以下「鈴川エネルギーセンター」)から,鈴川エネルギーセンター火力発電所の木質バイオマス専焼化工事を受注しました。本件は,鈴川エネルギーセンターが推進する木質バイオマス専焼事業向けの工事で,国内初のPC焚ボイラでの木質バイオマス専焼化工事となります。営業運転開始は2022年春の予定です。
IHIは,木質バイオマス燃焼技術に関して,混焼率25%以上(熱量比)の発電用ボイラ2基を納入するなど高い評価を受けており,その既存技術を活用したプロジェクトとなります。

木質バイオマスは,カーボンニュートラルなエネルギー資源として,地球温暖化防止のための低炭素社会の実現に役立つことが期待されています。

IHI資源・エネルギー・環境事業領域では,長期的な目標として「国内外のお客さまのCO2排出量を現行の50%削減」することを掲げました。今後も,発電設備のさらなる高効率化,CO2回収・貯留・有価物への転化の開発などを含め,資源・エネルギー・環境領域における積極的な事業展開を通じて,“脱CO2・循環型社会”の実現に貢献していきます。


【参考資料】
鈴川エネルギーセンター株式会社殿 鈴川エネルギーセンター火力発電所 外観



他の画像

関連業界