「2019部品供給装置展」に出展

2019/12/04  NTN 株式会社 

2019年

「2019部品供給装置展」に出展2019年12月4日

会期 2019年12月18日(水)~21日(土)
会場 東京ビッグサイト
(東京都江東区有明3-11-1)
ブースNo. W3-01

NTN株式会社(以下、NTN)は、12月18日~21日に東京ビッグサイトで開催される「2019部品供給装置展」に出展します。

近年、もの造り現場の人手不足などを背景に、生産工程の自動化やIoTが急速に進んでいます。こうした中、部品を整列・搬送する部品供給装置(パーツフィーダ)への注目は、ますます高まっています。NTNは、1970年代よりパーツフィーダを販売しており、今日に至るまで高速性や静粛性、省スペース化など製造業の多岐にわたるニーズに対応する商品を開発・販売し、もの造り現場を支えています。

今回、NTNブースではもの造り現場の省人化や効率化に貢献するパーツフィーダやロボット関連商品を展示します。高速かつなめらかな搬送を実現する「クロスドライブフィーダ」や、「高速型SMDフィーダ」、「高速型直進フィーダ」を展示するとともに、IoTへの対応例として、通信機能付コントローラでブース内のすべてのパーツフィーダを一括制御する様子を実演いたします。

また、人の手首のような、なめらかで素早い動作を特長とする手首関節モジュール「i-WRIST®」を動態展示にてご紹介します。

みなさまのご来場をお待ちしております。

主な展示商品

クロスドライブフィーダ

水平方向と垂直方向に配置した板ばねを同時に振動させることで、最大20m/分の高速搬送と静粛かつなめらかな動きを実現。各方向の振動は専用コントローラによる制御が可能で、ワークの形状や重量に合わせた振動を作り出し、自動車部品をはじめとする多岐にわたるワークの搬送や選別に適用することができます。

手首関節モジュール「i-WRIST®

小型、省スペースで広い可動角度範囲を実現した高速位置決め装置。垂直多関節ロボットが苦手な細かな位置(角度)変更を、人間の手首と同じような動きで高速に行うことができます。

他のロボットと組み合わせたり、エンドエフェクタを取り付けたりすることで、外観検査やグリース塗布、洗浄などさまざまな工程の自動化や効率化、省人化に貢献します。

お問い合わせ先

他の画像

関連業界