宮城県内の農林水産物の放射能測定結果について(食産業振興課ほか)

2019/12/04  宮城県  

宮城県内の農林水産物の放射能測定結果について(食産業振興課ほか)

掲載日:2019年12月4日更新

担当課
記者発表資料

令和元年12月4日
食産業振興課 内線2814
原子力安全対策課 内線2340
みやぎ米推進課 内線2845
林業振興課 内線2914
水産業振興課 内線2931
担当は末尾のとおり

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

宮城県内の農林水産物の放射能測定結果について

宮城県内で採取した農林水産物について,下記のとおり放射能測定を実施しましたので,その結果をお知らせします。

1 ゲルマニウム半導体検出器による検査

(1) 測定年月日

令和元年11月22日~令和元年11月29日

(2) 測定結果

農産産38点(18品目),水産物56点(18品目)の検査を実施し,
すべて基準値以下で,安全性に問題ないことが確認されました。

なお,「不検出」とは,放射性物質の濃度が,検出下限値に満たない(検出下限値未満である)ことを指します。

また,「検出下限値」とは,当該測定機器で検出できる放射性物質濃度の最小の値を指し,測定毎に異なります。

※個別品目ごとの検出下限値は,「放射能情報サイトみやぎ」を参照ください。

※水産物には宮城県漁業協同組合が実施した測定結果を含みます。

詳細は別紙をご覧ください。 [PDFファイル/283KB]

担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

このページを見ている人はこんなページも見ています