IT協会の2019年度「IT賞」を受賞

2019/12/03  三井住友信託銀行 株式会社 


2019年12月3日
三井住友信託銀行株式会社

IT協会の2019年度「IT賞」を受賞

三井住友信託銀行株式会社(取締役社長:橋本 勝)、三井住友トラスト・システム&サービス株式会社(取締役社長:能勢 保己)は、公益社団法人企業情報化協会(IT協会)の表彰制度である2019年度IT賞における「IT賞(デジタルトランスフォーメーション領域)」を受賞しました。

IT賞は、産業界ならびに行政機関などの業務における事業創造、効果的ビジネスモデルの構築・促進、生産性向上等、“ITを高度に活用したビジネス革新”に顕著な努力を払い成果を挙げたと認めうる企業等を選定し表彰するものです。

今般、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)の導入と拡大において、業務の堅確性を重視し、全体統制をしながら浸透させたプロセスは規範性が高いとして評価されました。

以上

関連業界