親子のものづくり教室「青銅鏡づくりにチャレンジ」(県立考古博物館)

2020/01/15  山梨県  

親子のものづくり教室「青銅鏡づくりにチャレンジ」(県立考古博物館)

県立考古博物館では月に1回程度、小・中学生の親子を対象としたものづくり教室「チャレンジ博物館」を開催しております。
今年度11回目のものづくり教室は、青銅鏡づくりにチャレンジします。

青銅鏡の制作例(背面)

青銅鏡は弥時代から古墳時代にかけて作られた青銅器のひとつです。日本には弥生時代の初め頃、中国大陸より青銅器づくりの技術とともに伝来し、儀式や祭祀(さいし)の場で使われる祭器、権力者が権威を示すための道具として盛んに作られました。また、凸状に磨き上げられた鏡面と、背面に鋳出された幾何学的な模様や獣・神様などの文様からは、当時の人々の優れた金属加工技術がうかがえます。
今回のものづくり教室では、青銅器の歴史や青銅鏡について学習と、青銅器づくりの工程の見学・体験を通して、古代の青銅鏡の再現にチャレンジしていただきます。
大勢の皆さまのご参加をお待ちしております。

参加には事前にお申し込みが必要です。
詳しくは、県立考古博物館のホームページをご覧ください。

鋳込みの様子

研磨作業の様子(過年度の記録より)

成形・初期研磨前の青銅鏡

令和元年度チャレンジ博物館第11回のご案内

開催日時

  • 2020年2月16日(日曜日)

午前9時30分~12時30分

開催場所

名称 風土記の丘研修センター
住所 甲府市下向山町1271
電話番号 055-266-5286
ファックス番号 055-266-5287
ホームページ 風土記の丘研修センター(県立考古博物館付属施設)

料金

無料

対象者

小学5・6年生および中学生の子どもとその保護者

募集人数

8名
子どものお申込みが8名に達した時点で募集を締め切ります。

主催

名称 県立考古博物館
住所 甲府市下曽根町923
電話番号 055-266-3881
ファックス番号 055-266-3882
ホームページ 山梨県立考古博物館

関連資料

関連リンク

他の画像