微生物に糖を目的別に使い分けさせる新技術でポリマー原料の生産性向上に成功

2020/01/15  国立研究開発法人 理化学研究所 

2020年1月15日

神戸大学
理化学研究所
科学技術振興機構

微生物に糖を目的別に使い分けさせる新技術でポリマー原料の生産性向上に成功

神戸大学大学院工学研究科の藤原良介博士後期課程学生(日本学術振興会特別研究員DC1)、田中勉准教授、理化学研究所環境資源科学研究センターの野田修平研究員らの研究グループは、バイオ生産に利用する微生物を代謝工学により改変し、取り込んだ糖の種類を目的別に使い分けさせることで、生産性の向上に成功しました。

微生物を利用したモノづくりでは、原料が微生物自身の増殖などに利用されてしまい目的生産物の生産性が低下する一方、増殖を制限すると微生物が弱ってしまい全体の生産量が減るという問題があります。そこで本研究チームは、物質生産と菌体増殖をコントロールするParallel Metabolic Pathway Engineering(PMPE)という新しい技術を開発しました。また、この技術で大腸菌を改変し、ナイロンの前駆体となるムコン酸の生産性を向上させることに成功しました。

今後、モノづくりに適した炭素源はモノづくりに、それ以外は微生物の増殖にまわすことができるようになり、芳香族化合物や医薬品、化成品原料などの生産性を大きく向上させることが期待できます。

詳細は神戸大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

関連業界