講演会『ひきこもり8050問題―周囲ができること―』

2020/01/15  高知県  

講演会『ひきこもり8050問題―周囲ができること―』

公開日 2020年01月15日

(ひきこもり地域支援センター普及啓発講演会事業)

日時:令和2年2月15日(土) 午後1時30分から4時30分

会場:高知会館 白鳳の間

なかなか家から出られない、人との交流が持てないなど様々な事情からひきこもらざるを得ない状態の方々がいます。またひきこもりの期間が長引き、本人や両親が高齢化して年金暮らしの親が収入のない子供と生活していること(いわゆる8050問題)も社会的に多く取り上げられてきました。ご本人ご家族をはじめ、その周りにいる方々も課題への困難さを感じています。そのような中、ひきこもりの状態にある人を周囲はどのように理解し、何ができるでしょうか。今回、ジャーナリスト池上正樹氏のお話から、わたしたちにできることを考えていきたいと思います。関心をお持ちの方どなたでも参加いただけます。多くの方のご参加をお待ちしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

講演会ちらし・申込書[PDF:677KB]

連絡先

高知県 地域福祉部 精神保健福祉センター
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸の内2丁目4-1 高知県保健衛生総合庁舎1階
電話: 精神保健福祉センター 088-821-4966
ひきこもり地域支援センター 088-821-4508
ファックス: 088-822-6058
メール: 060303@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード