大阪王将で「冬の大阪産(もん)フェア」を開催します!

2020/01/15  大阪府  

大阪王将で「冬の大阪産(もん)フェア」を開催します!

インスタ映えするメニューが期間限定、店舗限定で登場

代表連絡先 環境農林水産部 流通対策室 産業連携グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9606
メールアドレス:ryutsutaisaku-g06@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年1月15日

提供時間

14時0分

内容

大阪府では、府内で収穫された農水産物を「大阪産(もん)」として、その普及やPRのため、飲食店での利用促進

を図っています。

このたび、大阪王将とタイアップした「冬の大阪産(もん)フェア」として、冬が旬の「難波葱(なんばねぎ)」《注1》と

「彩誉(あやほまれ)」《注2》を使用したオリジナルメニューが期間限定で登場します。

この機会にぜひ、大阪産(もん)の難波葱と彩誉を味わってみてください。

■大阪王将3店舗限定「冬の大阪産(もん)フェア」

<第1弾>

1.日時

令和2年1月16日(木曜日)から2月16日(日曜日)予定<数量限定、なくなり次第終了>

2.メニュー

(1)餃子〈難波葱ダレ、田辺大根《注3》ダレ〉 (2)難波葱炒飯 (3)難波葱油かけ (4)なんばネギサイダー

<第2弾>

1.日時

令和2年2月17日(月曜日)から3月15日(日曜日)予定<終了限定、なくなり次第終了>

2.メニュー

(1)難波葱古墳炒飯 (2)天津飯彩誉あんかけ (3)彩誉フレッシュジュース (4)なんばネギサイダー

【実施3店舗】

・大阪王将なんば千日前店(大阪市中央区千日前11-28 電話06-6632-0157)

・大阪王将心斎橋アメリカ村店(大阪市中央区西心斎橋1-8-18 電話06-6281-1539)

・大阪王将江坂店(大阪府吹田市江の木町3-18 電話06-6330-8600)

《注1》難波葱(なんばねぎ)

「難波葱」とは、大阪市難波周辺で江戸時代から盛んに栽培されてきたネギで、葉の繊維が柔らかく、強いヌメリと香り、濃厚な甘みが特徴。葉が柔らかで折れやすいため栽培がほぼ途絶えていましたが、大阪市内の農家に受け継がれてきたネギが正統な「難波葱」であると確認されました。

《注2》彩誉(あやほまれ)

「彩誉」とは、岸和田で種が開発された鮮やかな色の人参です。人参特有のにおいがないので、生で食べても美味しく、糖度が高いのが特徴。衝撃の人参とも呼ばれており、収穫時期の冬季にはさらに甘みがアップします。

《注3》田辺大根

「田辺大根」とは、大阪市住吉区の田辺地区の特産であった白首大根。根身は白色の円筒形で、末端が少し少し膨らみ、丸みを帯びており、肉質は緻密、柔軟で甘味に富んでいます。

資料提供ID

36964

ページの先頭へ

報道発表資料のトップへ

ここまで本文です。

他の画像