防衛省向け2,900トン型音響測定艦「あき」命名・進水式実施

2020/01/15  株式会社 三井E&Sホールディングス 

2020年01月15日

防衛省向け2,900トン型音響測定艦「あき」命名・進水式実施

2,900トン型音響測定艦「あき」

三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎)は、本日玉野艦船工場にて防衛省向け音響測定艦2,900トン型(当社第2000番船)の命名・進水式を防衛省ご臨席の下、執り行いました。

本船は、平成29年度に計画された2,900トン型音響測定艦の3番艦であり「あき」と命名されました。

今後、岸壁にて艤装工事を行い来年度に引渡す予定となっております。

主要目

全長 67.0m
最大幅 29.9m
深さ(型) 15.3m
喫水 7.5m
機関の種類及び数 ディーゼル機関 4基
推進用電動機 2基
軸数 2軸
軸馬力 3,000PS
主要装備品 SURTASS装置 1式
統合艦橋操艦装置 1式
後部操艦装置 1式

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
担当
乾(いぬい)
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

他の画像

関連業界