働き方改革で多様化、テレワークを推進するセキュリティサービス「Cisco Umbrella」を提供開始

2020/03/25  KDDI 株式会社 

働き方改革で多様化、テレワークを推進するセキュリティサービス「Cisco Umbrella」を提供開始

~場所やVPN設定を問わず、あらゆるユーザー・デバイスの通信を保護~

  • KDDI株式会社
  • シスコシステムズ合同会社

2020年3月25日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、シスコシステムズ合同会社 (本社: 東京都港区、代表執行役員社長: デイヴ・ウェスト、以下 シスコ) が提供する多様化する働き方を支えるクラウド型セキュリティサービス「 Cisco Umbrella (シスコ アンブレラ)」を、2020年4月1日から法人のお客さまに販売開始します。

■提供背景

  • ワークスタイルの変化に伴い、従業員の居場所や使用するデバイスを問わず、最新のインターネットセキュリティを安価に確保することがセキュリティ管理者にとって重要性を増しています。
  • 一方、従業員の82%はVPNを使用せずダイレクトにインターネットにアクセスしているという調査結果もあり (注)、VPNを使用していないときのセキュリティリスクへの対策が求められています。
  • 多様で柔軟な働き方の実現には、セキュリティと、快適さ・働きやすさの両立が必要であり、「Cisco Umbrella」はセキュリティ管理者と従業員がともに安心して働ける環境づくりに貢献します。

■「Cisco Umbrella」概要

  • 「Cisco Umbrella」は、インターネット上の脅威をセキュアな入り口として最前線で防御する機能を提供します。
    ドメインとIPアドレスを対応づけて管理する「DNS (Domain Name System)」レイヤーで提供するセキュリティで、インターネットへの接続リクエスト時に、宛先の安全性を確認し、マルウェア (悪意のあるプログラム)、ランサムウェア (身代金要求型ウイルス)、フィッシングサイトなどの脅威から、お客さまを守ります。
  • お客さまは、PC、タブレット、スマートフォンなど様々なデバイスからのインターネット接続をVPNのON/OFF設定に関わらず保護することができるため、サテライトオフィスや自宅などあらゆる場所から安全にアクセスできるようになります。

<Cisco Umbrellaイメージ>

KDDIとシスコは、より柔軟性のあるセキュリティ環境を提供することで、お客さまの働き方改革とデジタルトランスフォーメーションの推進を、引き続き強力にサポートしていきます。

KDDI株式会社 理事 ソリューション事業本部 ソリューション事業企画本部長、藤井 彰人は次のように述べています。
「KDDIは、シスコとのさらなる協業の拡大によりクラウド型セキュリティサービスである『Cisco Umbrella』をお客さまにご提供できることを大変嬉しく思います。『KDDI Flex Remote Access』や『Cisco Webex with KDDI』等とともに柔軟性のあるセキュリティ環境をご提供することで、お客さまの働き方改革の推進をサポートできるものと確信しています。お客さまのビジネスや働き方の一層の多様化を見据え、KDDIがこれまで培ってきたセキュリティ、UC (ユニファイドコミュニケーション)、モバイル、クラウドの提案実績を活かし、お客さまのビジネスに貢献していきます。」

シスコシステムズ合同会社 副社長 情報通信産業事業統括、中川 いち朗は、次のように述べています。
「シスコは、今後ますます多様化する働き方を支える新しいセキュリティサービスを、KDDIとのパートナーシップにより日本市場に提供できることを大変嬉しく思います。『Cisco Umbrella』は、世界最大級の解析力と情報提供体制を誇るシスコのサイバーセキュリティ インテリジェンス&リサーチ グループ『Cisco Talos』と連携し、巧妙化するあらゆる脅威から防御するものです。KDDIとの密な連携により、日本のお客さまが安心して働ける環境づくりとデジタルトランスフォーメーション推進に向けたソリューションの拡充を図ってまいります。」

  • 別紙: 働き方改革で多様化、テレワークを推進するセキュリティサービス「Cisco Umbrella」を提供開始

<別紙>

1.「Cisco Umbrella」特長

  • (1)
    サブスクリプションベースのクラウドサービスで導入時のコストや手間を軽減
    本サービスは、「月額課金」で提供します。10IDからのご提供が可能で、小規模から大規模用途まで、幅広くご利用いただけます。社内のDHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サーバーやDNSサーバーの設定を変更しCisco Umbrella DNSに振り向けることで、既存ネットワーク環境に容易に導入できます。また、クラウドベースで提供するため、追加機材やソフトウェア保守が不要で、導入から管理、運用の工数がかかりません。
  • (2)
    「KDDI Flex Remote Access」サービスとの組み合わせでセキュリティをさらに強化
    「Cisco Umbrella」は、Cisco AnyConnect (VPNクライアント) を使ったVPN接続中でも内部ドメインの名前解決が可能です。社内、社外、VPNのON/OFFを問わず、あらゆる場所で企業ポリシーに則ったセキュリティレベルでインターネット通信が安全にご利用いただけます。

2. 提供形態

KDDIは、「Cisco Umbrella」の多様なライセンス形態の中でも、社内ネットワークのみならず、社外でのモバイル接続時にもユーザーを保護することが可能で多くの機能をご利用いただける"Insights"ライセンスを提供します。

<Insightsライセンス>

3. 提供料金

  • 月額:
    500円/ID
  • 初期費用:
    無料
  • 申込単位は10 IDごとになります。
    最低利用期間はありません。
    開通月、廃止月、ID数増減が発生した月額費用は、日割り計算が適用されます。

4. 提供開始日

2020年4月1日

5. お問い合わせ

KDDI営業担当者または法人お客さまセンターにご連絡ください。

<法人お客さまセンター>
0077-7007 (無料)
0120-921-919 (無料)
受付時間: 9:00~18:00 (土、日、祝日・年末年始を除く)

  • その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • 注)
    IDG Research Services, 2016. Your users have left the perimeter. Are you ready? (cs.co/IDG-survey)
  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース