金融政策決定会合における主な意見(3月16日開催分)

2020/03/25  日本銀行 

公表時間 3 月25 日(水)8 時50 分

2 0 2 0 . 3 . 2 5
日本銀行

金融政策決定会合における主な意見
(2020 年 3 月 16 日開催分)1


Ⅰ . 金 融 経 済 情 勢 に 関 す る 意 見

( 経 済 情 勢 )

●新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 の 拡 大 な ど の 影 響 に よ り 、 世 界 経 済の 不 透 明 感 が 高 ま り 、 内 外 金 融 資 本 市 場 で 不 安 定 な 動 き が 続 くも と で 、 わ が 国 の 景 気 は 、 こ の と こ ろ 弱 い 動 き と な っ て い る 。

●わ が 国 の 景 気 は 、 こ の と こ ろ 弱 い 動 き と な っ て い る 。 新 型 コ ロナ ウ イ ル ス 感 染 症 の 拡 大 な ど の 影 響 に 注 意 が 必 要 で あ る 。

●わ が 国 経 済 は 、 新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 の 拡 大 に 伴 う 経 済 活動 の 抑 制 に よ り 、 景 気 下 押 し 圧 力 が 強 ま っ て お り 、 金 融 資 本 市場 の 不 安 定 な 動 き も 続 い て い る 。 新 型 感 染 症 は 世 界 的 規 模 で 急拡 大 し て お り 、 当 面 は グ ロ ー バ ル に も 景 気 下 押 し が 進 む と 予 想さ れ る 。

●金 融 環 境 は 企 業 金 融 の 一 部 で 緩 和 度 合 い が 低 下 し て い る 。 経 済が 弱 い 状 況 が 長 引 け ば 、 中 小 企 業 を 中 心 に 資 金 繰 り 懸 念 が 強 まり か ね な い 。 金 融 市 場 の 不 安 定 な 状 況 が 続 け ば 、 家 計 の マ イ ンド や 企 業 の 投 資 ス タ ン ス が 急 速 に 慎 重 化 す る リ ス ク も あ る 。

●現 在 、 企 業 が 直 面 し て い る 新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 の 拡 大 に伴 う 業 績 悪 化 は 急 激 で 、 極 め て 深 刻 に 受 け 止 め て い る 。 ま た 、わ が 国 固 有 の 点 と し て 、 多 く の 企 業 の 決 算 期 が 今 月 末 に 迫 っ てお り 、 そ の 備 え や 態 勢 が 万 全 な も の と な っ て い る か 注 視 し て いる 。

●わ が 国 の 景 気 は 、 当 面 、 弱 い 動 き が 続 く が 、 各 国 の 対 応 な ど に

1 「金融政策決定会合における主な意見」は、①各政策委員および政府出席者が、金融政策決定会合で表明した意見について、発言者自身で一定の文字数以内に要約し、議長である総裁に提出する、②議長はこれを自身の責任において項目ごとに編集する、というプロセスで作成したものである。

よ り 感 染 症 拡 大 の 影 響 が 和 ら い で い け ば 、 緩 や か な 拡 大 基 調 に復 し て い く と 見 込 ま れ る 。

●感 染 症 拡 大 が 経 済 活 動 に 与 え る 影 響 は 、 短 期 的 に 大 き な 落 ち 込み を も た ら し た 後 、 い ず れ 事 態 が 収 束 す る に つ れ て 回 復 す る とい う の が 標 準 的 な 姿 で あ る が 、 感 染 が 時 差 を も っ て 世 界 中 に 拡が っ て い る た め 、影 響 が 長 引 き 、か つ 大 き く な る 可 能 性 が あ る 。

●新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 の シ ョ ッ ク は 、リ ー マ ン・シ ョ ッ ク 、東 日 本 大 震 災 時 の 自 然 災 害 の シ ョ ッ ク と 性 質 は 異 な る が 、 不 確実 性 が 高 い た め 、 影 響 は 一 時 的 な も の に と ど ま ら ず 、 甚 大 な もの に な る 可 能 性 を 意 識 し て お く 必 要 が あ る 。 日 本 経 済 は 、 新 型感 染 症 の 影 響 が 生 じ る 前 か ら 弱 め の 動 き が み ら れ て お り 、 海 外経 済 が 回 復 し た 後 も 、 低 迷 が 続 く 懸 念 が あ る 。

●消 費 税 率 引 き 上 げ や 自 然 災 害 の 影 響 か ら 内 需 が 大 幅 に 落 ち 込 む中 で 、 新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス の 感 染 が 世 界 的 に 拡 大 し 、 経 済 に 大き な 下 押 し 圧 力 が 生 じ て い る 。 移 動 制 限 な ど の 各 国 の 公 衆 衛 生上 の 措 置 等 を 前 提 と す る と 、 経 済 の 落 ち 込 み は 深 刻 か つ 長 期 化す る 可 能 性 が あ る 。 ま た 、 逸 失 し た サ ー ビ ス 消 費 は 挽 回 し に くく 、 新 型 感 染 症 の 影 響 を 除 い て も 経 済 の 基 調 は 弱 い と み ら れ るた め 、 新 型 感 染 症 危 機 の 収 束 後 に 経 済 が 力 強 く 回 復 す る と の シナ リ オ に は 懐 疑 的 で あ る 。

●今 回 の シ ョ ッ ク に よ り 、 現 預 金 の 積 み 上 げ は 望 ま し い と い う 企業 の 心 理 は さ ら に 強 化 さ れ る 可 能 性 が あ る 。 経 済 が 正 常 に 回 復し て も 、 所 得 か ら 支 出 で は な く 、 所 得 か ら 預 金 に 向 か っ て し まう 可 能 性 が あ る 。 そ う な ら な い 場 合 で も 、 多 く の 企 業 が 売 上 げ減 少 な ど に よ っ て 失 わ れ た 現 預 金 を 新 た に 積 み 上 げ よ う と す れば 、 支 出 が 減 少 し 、 所 得 が 生 じ に く い 状 況 が 長 期 間 続 く こ と にな る 。

( 物 価 )

●消 費 者 物 価 の 前 年 比 は 、 当 面 、 原 油 価 格 の 下 落 の 影 響 も あ っ て弱 含 む と み ら れ る 。 そ の 後 は 、 経 済 が 緩 や か な 拡 大 基 調 に 復 して い け ば 、そ の も と で 徐 々 に 上 昇 率 を 高 め て い く と 考 え ら れ る 。

●プ ラ ス の 需 給 ギ ャ ッ プ が 物 価 上 昇 を 支 え て い る が 、 新 型 コ ロ ナウ イ ル ス 感 染 症 の 拡 大 の 影 響 か ら 、 そ の プ ラ ス 幅 が 縮 小 す る 可能 性 が 高 ま っ て い る 。

●「 物 価 安 定 の 目 標 」 に 向 け た モ メ ン タ ム は 、 損 な わ れ る 惧 れ は高 ま っ て い る も の の 、 現 時 点 に お い て は プ ラ ス の 需 給 ギ ャ ッ プと 完 全 雇 用 に 近 い 労 働 環 境 の も と で 、 維 持 さ れ て い る 。

●経 済・物 価 に 対 す る 下 方 リ ス ク は 高 ま っ て お り 、「 物 価 安 定 の 目標 」 に 向 け た モ メ ン タ ム が 損 な わ れ る 惧 れ は 高 ま っ て い る 。

Ⅱ . 金 融 政 策 運 営 に 関 す る 意 見

●企 業 金 融 の 円 滑 確 保 に 万 全 を 期 す と と も に 、 金 融 市 場 の 安 定 を維 持 し 、企 業 や 家 計 の コ ン フ ィ デ ン ス 悪 化 を 防 止 す る 観 点 か ら 、金 融 緩 和 を 強 化 す る こ と が 適 当 で あ る 。

●金 融 機 関 が 仲 介 機 能 を 十 分 発 揮 で き る よ う 潤 沢 な 資 金 供 給 を 行う 、 企 業 の 資 金 繰 り に 万 全 を 期 す 、 E T F 等 の 買 入 れ 増 額 に より リ ス ク・ プ レ ミ ア ム の 拡 大 を 抑 制 し 金 融 市 場 の 安 定 を 確 保 する 、 と い う 3 つ の 角 度 か ら 金 融 緩 和 を 強 化 す べ き で あ る 。

●新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス の 感 染 拡 大 の 抑 え 込 み に 向 け て イ ベ ン ト や外 出 の 自 粛 が 行 わ れ て い る 時 期 に 金 融 政 策 に 求 め ら れ る こ と は 、総 需 要 の 刺 激 で は な く 、 企 業 の 資 金 繰 り の 不 安 を 取 り 除 く こ とと 、 金 融 市 場 の 安 定 確 保 に よ り 市 場 や 国 民 に 安 心 感 を 与 え る こと で あ る 。

●足 も と の 経 済・ 金 融 環 境 の も と で は 、 潤 沢 な 資 金 供 給 な ど を 通じ て 、 金 融 環 境 を 極 め て 緩 和 的 な も の に 維 持 す る こ と が 必 要 であ る 。

●当 面 の 優 先 課 題 は 、 潤 沢 な 資 金 供 給 、 お よ び 企 業 金 融 面 で の 充分 な 資 金 繰 り 支 援 で あ る 。 そ の 際 、 既 存 の 政 策 ス キ ー ム を 活 用し 、 金 融 仲 介 機 能 面 で の 副 作 用 に も 配 慮 し つ つ 、 原 則 は 時 限 的措 置 と し た 上 で 、 状 況 に 応 じ て 柔 軟 か つ 迅 速 に 対 応 す る こ と が重 要 で あ る 。

●新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 の 拡 大 の 影 響 か ら 、 企 業 収 益 は 悪 化し 、 資 金 繰 り の 問 題 か ら 破 綻 す る 企 業 も 出 て い る 。 十 分 な 金 融仲 介 機 能 を 維 持 す る た め に 必 要 な 措 置 を 講 じ る べ き で あ る 。

●新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス の 影 響 が 深 刻 化 し て い る こ と か ら 、 企 業・家 計 へ の 支 援 策 を 迅 速 か つ 大 規 模 に 実 施 す べ き で あ る 。 日 本 銀行 と し て は 、 企 業 の 資 金 繰 り を 支 援 す る 追 加 緩 和 策 を ま ず 講 じる 必 要 が あ る 。

●新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 に か か る 企 業 金 融 支 援 特 別 オ ペ は 、厳 し い 経 営 環 境 の 中 で も 取 引 先 企 業 の 資 金 繰 り 支 援 に 積 極 的 に取 り 組 も う と す る 金 融 機 関 の 後 押 し や 、 資 金 繰 り が 悪 化 し た 企業 経 営 者 の 不 安 軽 減 に 繋 が る 。

●引 き 続 き 、 市 場 の 状 況 に 応 じ て 一 定 の 柔 軟 性 を 持 つ と い う 現 行の 枠 組 み の 強 み を 最 大 限 活 か し 、 金 融 市 場 全 体 の 安 定 回 復 に 努め る こ と が 肝 要 だ と 考 え る 。

●感 染 症 対 策 と し て 必 要 な 様 々 な 施 策 の も と で 、 多 く の 人 々 の 働く 機 会 と 所 得 が 減 っ て い る 状 況 に 対 し て は 、政 府 が 、適 切 か つ 、大 規 模 な 処 置 を 講 ず る こ と が 期 待 さ れ る 。 日 本 銀 行 と し て は 、所 得・ 収 益 が 回 復 す る ま で の 資 金 を 十 二 分 に 供 給 す る こ と が 必要 で あ る 。

●今 後 の 金 融 政 策 運 営 に つ い て は 、 現 在 で も 残 高 の 増 加 額 年 間 約8 0 兆 円 の め ど ま で は 長 期 国 債 を 買 入 れ う る ほ か 、 経 済・ 物 価情 勢 に よ っ て は 臨 時 会 合 開 催 も 含 め た 機 動 的 な 対 応 が 可 能 で ある 。 景 気 後 退 懸 念 が あ る 今 こ そ 、 政 府 と と も に し っ か り と 経 済を 支 え て い く 時 期 で あ り 、 政 府 の 各 種 対 策 や 経 済 政 策 対 応 と 緊密 な 連 携 を 取 る べ き で あ る 。

●政 策 対 応 に あ た っ て は 、 日 本 銀 行 と 政 府 、 お よ び 主 要 中 央 銀 行間 で 、 緊 密 に 情 報 共 有 し つ つ 、 強 固 な 協 力 体 制 を 維 持 す る こ とが 肝 要 で あ る 。

Ⅲ.政府の意見

( 財 務 省 )

●政 府 は 、 今 般 の 新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 へ の 対 応 と し て 、 先週 、「 新 型 コ ロ ナ ウ イ ル ス 感 染 症 に 関 す る 緊 急 対 応 策 第 2 弾 」をと り ま と め た 。

●新 型 感 染 症 に 伴 う 経 済 の 先 行 き 懸 念 が 強 ま る も と 、 市 場 の 不 安定 な 動 き に 対 し 、 政 府・ 日 本 銀 行 が 緊 密 に 連 携 し 、 対 応 す る こと が 重 要 。 提 案 の 事 項 は 、 金 融 市 場 の 安 定 確 保 を 行 う 観 点 な どか ら 実 施 す る と 受 け 止 め て お り 、 迅 速 か つ 適 切 な 対 応 と 評 価 する 。

●引 き 続 き 、金 融 市 場 の 安 定 確 保 等 に 万 全 を 期 す と と も に 、「 物 価安 定 の 目 標 」 の 実 現 に 向 け て 努 力 さ れ る こ と を 期 待 す る 。

( 内 閣 府 )

●政 府 と し て 世 界 経 済 へ の 影 響 等 を 注 視 し つ つ 、 必 要 か つ 十 分 な経 済 財 政 政 策 を 躊 躇 な く 行 う こ と と し 、 前 例 に と ら わ れ ず 、 マク ロ 経 済 へ の イ ン パ ク ト に 見 合 う 思 い 切 っ た 措 置 を 講 じ る 。

●今 回 の 措 置 は 企 業 金 融 の 円 滑 化 、 金 融 市 場 の 安 定 化 に 万 全 を 期す 観 点 か ら 提 案 さ れ た と 認 識 。

●引 き 続 き 、 適 切 な 金 融 政 策 運 営 を 行 っ て い た だ く と と も に 、 政府 と 日 本 銀 行 の 間 で 危 機 感 を 共 有 し 、 緊 密 な 連 携 を 行 っ て い く旨 の 強 い メ ッ セ ー ジ を 発 信 し て い き た い 。

以上