職種別の仕事内容:福祉行政・福祉行政(心理)

2020/03/25  新潟県  

職種別の仕事内容:福祉行政・福祉行政(心理)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0046012 更新日:2020年3月25日更新

福祉行政職、福祉行政(心理)職イメージ図 [PDFファイル/49KB]

主な職務内容紹介

新潟県では、誰もが個人として尊重され、共に暮らせる社会づくりを進めています。
この実現のため福祉行政職及び福祉行政(心理)職は、児童相談所や保健所、病院等における相談援助(ソーシャルワーク)・心理臨床、児童福祉施設や障害者支援施設等における自立・社会参加の支援、福祉施策の企画立案等の業務を担当します。

主な配置先

本庁

福祉保健部(障害福祉課、子ども家庭課など)

地域機関

児童相談所、保健所(地域振興局健康福祉(環境)部)、児童自立支援施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、障害者支援施設、精神保健福祉センター、県立病院など

受験資格

福祉行政

次のいずれかに該当する人

・社会福祉主事の任用資格を有する人(取得見込みの人も含む。)

・大学の専門課程で心理学を履修して卒業した人(卒業見込みの人も含む。)

福祉行政(心理)

・大学の専門課程で心理学を履修して卒業した人(卒業見込みの人も含む。)

先輩職員からのメッセージはこちら

職種別の仕事内容トップページへ戻る

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

人事委員会事務局
総務課任用係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎
Tel:025-280-5538 Fax:025-280-5499 メールでのお問い合わせはこちら

他の画像