リーフレット『ふるさとの川や海を守り・育てるために』(令和元年度版)を作成しました

2020/03/26  熊本県  

リーフレット『ふるさとの川や海を守り・育てるために』(令和元年度版)を作成しました

最終更新日:2020年3月26日

水について考えてみよう!

私たちは、トイレ、お風呂、台所などから、毎日1人あたり250リットルの汚れた水(生活排水)を流しています。その量は、500ミリリットルのペットボトル500本分になるのです。

家庭からの生活排水が、適切に処理されずそのまま川や海に流されると、水質汚染の大きな原因となります。私たちが生きるためになくてはならない”水”について考えてみませんか。

リーフレット『ふるさとの川や海を守り・育てるために』(令和元年度版)を作成しました!

熊本県下水環境課では、「汚水処理人口普及率」など生活排水対策に関するデータを毎年更新し、リーフレット『ふるさとの川や海を守り・育てるために』を作成しています。水をきれいにするしくみや熊本県の生活排水処理の取り組み、資源・エネルギーの有効利用など「生活排水」に関する情報が満載です。

これからも熊本の”宝”であるきれいな水を守り、未来に残していくために、このリーフレットをご活用ください。


リーフレット『ふるさとの川や海を守り・育てるために』(令和元年度版)

熊本県の汚水処理人口普及率他(PDF:677.6キロバイト)