製造現場におけるローカル5Gの本格検証を開始~ブリヂストンとのローカル5G共同実証実験に合意~(NTTコミュニケーションズ)

2020/03/26  日本電信電話 株式会社 

このページのPDFを開く (PDF)

2020年3月26日

製造現場におけるローカル5Gの本格検証を開始

~ブリヂストンとのローカル5G共同実証実験に合意~

NTTコミュニケ―ションズ株式会社(以下 NTT Com)は、製造現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する「Smart Factory」※1の実現に向け、ローカル5G※2の本格検証を開始します。

今回、株式会社ブリヂストン(以下 ブリヂストン)と合意し、ブリヂストン技術センターおよび製造工場における共同実証実験(以下 本実験)を2020年6月から開始します。

本実験では、ブリヂストンの広大な工場敷地内において通信品質実験、大容量データ送受信実験などを行うことで、将来的なセンサー類のワイヤレス化や、高精細カメラによる高スキル者の技能分析など、製造現場のDXにおけるローカル5Gの活用領域を共同で検討します。

1.NTT Comのローカル5G活用の狙い

NTT Comは「DX Enabler®」として従来培ってきたネットワークやクラウドの技術を活かし、お客さまのデータ利活用環境の構築に貢献しています。

その中で、データを価値あるものとして利活用するためのプラットフォーム「Smart Data Platform」における、データ収集・伝送機能として「超高速」、「多数同時接続可能」、「低遅延・高信頼」などの特性を持つローカル5Gを重要な技術と捉え、その活用領域を検討しています。

ローカル5Gとデータ蓄積・統合・分析などの機能やセキュリティ機能を組み合わせ、トータルソリューションとして、幅広い活用分野での実用化を進めていきます。

また、今後、ラグビートップリーグに所属するNTT Com「シャイニングアークス」のホームグラウンドである「アークス浦安パーク」において多段エッジコンピューティングとローカル5Gとを組み合わせた実証実験を予定しており、ローカル5Gの実用化に向けたノウハウを蓄積していきます。

2.本実験の概要

本実験では、4.5GHz帯および28GHz帯の実験試験局免許を取得し、NTT Comがブリヂストン技術センターおよび製造工場内にローカル5Gネットワークを構築することで製造現場のDXにおけるローカル5Gの可用性を検証します。

ブリヂストンは社会・お客さま・パートナーとの新たな価値の共創により、「商品」、「サービス」、「サービスネットワーク」という強みと「デジタル」の組み合わせによって提供されるソリューションを通じて、新たな社会づくりを支える取り組みを推進しています。

その取り組みをサポートするため、NTT Comは本実験を通じ、ブリヂストンのタイヤ製造プロセスにおけるセンサー類のワイヤレス化や、高精細カメラによる高スキル者の技能分析など、さまざまな活用分野を想定した検証を行います。

実験項目(予定)

① 電波伝搬試験(測定器・端末にて受信レベルを複数拠点で測定)

② 通信性能試験(遅延やスループット性能を複数拠点で測定)

③ ローカル5Gを利用した各種アプリケーション試験



3.今後に向けて

NTT Comは、現在制度化されている28GHz帯に加えて、壁や柱などの障害物に強いとされる4.5GHz帯でのローカル5Gが本格導入されることを視野に、製造現場のみならず、幅広い業種・業態のDX実現におけるローカル5Gの可用性の検討を進めていきます。

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

※1:「Smart Factory」とは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて社会的課題を解決する「Smart World」のコンセプトに基づき、製造業など、工場を有するお客さまのDXを推進する取り組みです。

※2:ローカル5Gは、携帯電話事業者による5Gサービスとは別に、地域の企業や自治体などが自らの建物や敷地内で5Gネットワークを構築し利用可能となります。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からの
お問い合わせ

経営企画部 広報室

03-6700-4010

一般のお客さまからの
お問い合わせ

技術開発部

2020-R018

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース