「興奮」「興味」「喜び」の感情が学習中の記憶力を向上させることを証明 - 感情に寄り添った学習指導・フォローによって学力向上を図るサービスの実現をめざす -

2020/03/25  株式会社 NTTドコモ 

2 0 2 0 年 3 月 2 5 日

株 式 会 社 N T T ド コ モ
株 式 会 社 す ら ら ネ ッ ト

「興奮」「興味」「喜び」の感情が学習中の記憶力を向上させることを証明
~感情に寄り添った学習指導・フォローによって学力向上を図るサービスの実現をめざす~


株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社すららネット(以下、すららネット)は、学習前の生徒に、学習内容とは無関係に「興奮」「興味」「喜び」の感情を持たせると、学習中の記憶力が有意に向上すること(以下、本効果)を明らかにしました。本効果の活用によって、学習前の生徒をより記憶力が高い状態に導くことによる学習効率の向上が期待できます。

本効果を実証するために小学4年生~中学3年生123名を対象に実験を実施しました。被験者を、「怒り」「興奮」「興味」「喜び」「落ち着き」「退屈」など14の感情をそれぞれ持っている状態に誘導した後、イラストの 配置の記憶力テストと聞き取りによる単語の記憶力テストを行いました。記憶力テストの結果を比較することで、学習前の感情が記憶力に与える影響を検証しました。

その結果、学習前に、学習とは無関係の「興奮」「興味」「喜び」の感情を持った場合、記憶力テストの得点が高くなることがわかりました。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_200325_01.pdf

他の画像

関連業界