超速効型インスリン製剤における日本初のバイオシミラー インスリン リスプロBS注 HU「サノフィ」の製造販売承認を取得

2020/03/25  サノフィ 株式会社 

2020年3月25日

超速効型インスリン製剤における日本初のバイオシミラー
インスリン リスプロBS注 HU「サノフィ」の
製造販売承認を取得


サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩屋孝彦、以下「サノフィ」)は、インスリン リスプロBS注ソロスター(R) HU「サノフィ」および、インスリン リスプロBS注カートHU「サノフィ」、インスリン リスプロBS注100単位/mL HU「サノフィ」(一般名:インスリン リスプロ(遺伝子組換え)[インスリン リスプロ後続1]、以下「本剤」)について、「インスリン療法が適応となる糖尿病」の効能・効果で製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。

本剤は、超速効型インスリンアナログ製剤のヒューマログ(R)(一般名:インスリン リスプロ(遺伝子組換え))と同じアミノ酸配列を有しており、超速効型インスリン製剤のバイオ後続品(バイオシミラー)として日本で初めて承認された製品です。

バイオ後続品は、国内で既に承認された先行バイオ医薬品と同等/同質の品質、安全性、有効性を有する医薬品として開発され、先行バイオ医薬品と変わらない治療の選択肢を提供することで、患者さんの経済的負担の軽減や医療費の削減に貢献することが期待されています。本剤は、欧州および米国で2017年に承認を取得しており、現在世界30か国以上で承認されています。

サノフィは、糖尿病治療の新たな選択肢となる本剤をはじめ、様々な治療ソリューションの提供を通じて、患者さんが安心して治療を継続できるよう、引き続き努力してまいります。

サノフィの糖尿病領域における取り組みについて

サノフィは、患者さんの個々の病態に沿った革新的かつ総合的なソリューションを提供することによって、患者さんが糖尿病の複雑な問題を管理できるよう支援しています。糖尿病患者さんの声に耳を傾け、対話することによって得られた貴重な見解をもとにパートナーシップを構築し、糖尿病患者さんの多様な病態に応じた治療提案や糖尿病診療における総合的な情報提供を行っています。サノフィは1型糖尿病および2型糖尿病の治療薬として経口剤と注射剤の両剤を販売しています。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.sanofi.co.jp/-/media/Project/One-Sanofi-Web/Websites/Asia-Pacific/Sanofi-JP/Home/press-releases/PDF/2020/20200325-02.pdf

関連業界