石川県立伝統産業工芸館企画展 工芸カルテット(伝統産業振興室(経営支援課))

2020/03/25  石川県  



石川県立伝統産業工芸館企画展
工芸カルテット
取材のお願い
当館では、石川県の伝統的工芸品のうち、琴、三味線、太鼓、銅鑼を取り上げて、企画展
「工芸カルテット」を開催致します。どれも藩政時代から長きにわたって石川・金沢の風土
に根付き、その音色を紡いできたものです。
“琴”は江戸時代、武家における女性の教養の一つとして、また明治以降も女性のたしなみ
として教えられ、その音色は心地良くしみわたります。“三味線”は藩政時代、金沢の東・西・
主計町の花柳界で地唄、長唄、民謡などの伴奏に用いられ、特にその音色が重視されてきま
した。“太鼓”は、藩政時代、加賀藩では武芸より文化芸能に力を入れたことで、能楽や雅楽、
神事、仏事、祭礼用の楽器として需要が多く発展していきました。“銅鑼”は中国から日本に
伝わって、もともとは出帆や合戦の合図として使われていました。やがてその音の壮麗さか
ら茶席で使われるようになり、金沢では茶道の普及とともに制作されるようになりました。

このように、400 年以上にわたって百万石の文化の質を高めてきた雅な稀少伝統工芸の在
りようを是非取材頂きますようお願い致します。

◇タイトル:工芸カルテット
◇内容紹介:琴、三味線、太鼓、銅鑼の制作者や制作工程をご紹介して、普段あまり触れる
ことのない和楽器への親しみを感じて頂きます。
◇出 展 者:(株)浅野太鼓楽器店(太鼓)、魚住為楽(銅鑼)、琴三絃野田屋(琴)
、福嶋三絃
店(三味線)
企画展関連イベント
●お琴の演奏会
春のかほり古都のしらべ さくらコンサート
日時:4 月 4 日(土)10:30~、13:30~(各回 30 分)
場所:いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)1F エントランスホール
料金:無料 演奏:筝仲良しグループ O・K・R
監修:石川県筝曲連盟理事長 田中杉芙勢
●三味線教室
三味線で「さくらさくら」が弾けるようになります。
日時:4 月 18 日(土)10:00~、10:40~、11:20~、13:00~、13:40~、14:20~、15:00~
場所:いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)1F 西口
体験料:500 円 定員:各回 3 名 対象:小学生以上
講 師:福嶋三絃店 岡部 将英 当日飛び入り参加大歓迎!予約も可(076-262-2020)
令和 2 年3月 25 日
( 事 務 担 当 )
伝統産業振興室 石田
TEL:076-225-1526(内 4465)



●浅野太鼓「チーム隼」による生演奏ステージ
日時:5 月 3 日(日・祝) 11:00~11:30
場所:いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)中庭 料金:無料

◇会 期:令和 2 年 3 月 27 日(金)~5 月 18 日(月) ※毎月第 3 木曜日休館
9:00~17:00(最終日は 15:00 終了)
◇会 場:いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)2F 第 4 企画展示室
◇入 場:有料 大人(18 歳以上 260 円、65 歳以上 210 円)小人(17 歳以下 100 円)
未就学児無料、障害者手帳の所持者とその付き添い 1 名無料
〈問い合わせ及び取材申し込み先〉
いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)
金沢市兼六町 1-1 ℡076-262-2020
http://www.ishikawa-densankan.jp 指定管理者 ナカダ・クラフトプロジェクト
広報担当 E-mail:info@ishikawa-densankan.jp
《工芸カルテット フォト》

他の画像