宮城県内の下水汚泥及び下水汚泥焼却灰の放射能測定結果について(水道経営課)

2020/03/25  宮城県  

宮城県内の下水汚泥及び下水汚泥焼却灰の放射能測定結果について(水道経営課)

掲載日:2020年3月25日更新

担当課室名
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
令和2年3月25日(水曜日)
企業局水道経営課
内線3142 担当 門脇

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

宮城県内の下水汚泥及び下水汚泥焼却灰の放射能測定結果について

宮城県が管理する流域下水道で発生した下水汚泥及び下水焼却灰について、放射能測定を実施しましたので、その結果をお知らせします。

1 測定時期

下水汚泥 令和2年3月(年2回)

下水焼却灰 令和元年10月,11月,12月,令和2年1月,2月,3月(各月1回)

2 測定機器

ゲルマニウム半導体測定検出器

3 測定結果

下水汚泥

原子炉等規制法に基づき、廃棄物等を安全に再利用できる基準として国が定めた100Bq/kgを下回っています。

下水汚泥焼却灰

原子炉等規制法に基づき、廃棄物等を安全に再利用できる基準として国が定めた100Bq/kgを下回っています。

※詳細な測定結果は、以下の資料のとおりです。

プレスリリース資料(3月25日公表) [PDFファイル/174KB]

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

このページを見ている人はこんなページも見ています