新型コロナウイルス関連融資の信用保証料を最大ゼロに引き下げます

2020/03/25  神奈川県  

新型コロナウイルス関連融資の信用保証料を最大ゼロに引き下げます
~3月26日(木曜日)から融資相談を開始します~

印刷用ページを表示

掲載日:2020年3月25日

2020年03月25日

記者発表資料

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上等に甚大な影響を受けている県内中小企業を支援するため、セーフティネット保証4号に対応した「新型コロナウイルス対策特別融資(4号別枠)」と、セーフティネット保証とは更に別枠で新設する「新型コロナウイルス対策特別融資(危機関連保証別枠)」について、信用保証料への補助を拡充し、中小企業が負担する信用保証料をいずれも不要とします。その他の新型コロナウイルス関連の融資も信用保証料補助を2倍に拡充します。これらについては、3月26日より相談受付を開始し、4月1日よりご利用いただけます。

1.信用保証料補助の拡充

融資名 対象 融資限度額 信用保証料率
新設 新型コロナウイルス対策特別融資(危機関連保証別枠) 〔売上〕15以上%減少 2億8千万円

0.80%→負担ゼロ

8分の7補助を実施

既存 新型コロナウイルス対策特別融資(4号別枠) 〔売上〕20%以上減少 2億8千万円

1.00%→負担ゼロ

県の保証料補助を3倍に拡充

(10分の3→10分の9)

既存 セーフティネット保証5号 〔売上〕5%以上減少 8千万円

0.85%→0.41%

県の保証料補助を2倍に拡充

(10分の2→10分の4)

従業員30人以下の対象要件撤廃

既存 売上・利益減少対策融資【新型コロナウイルス要件】 〔売上・粗利〕5%以上減少 8千万円

0.45%から1.90%→0.17%から1.04%

県の保証料補助を2倍に拡充

(10分の2→10分の4)

(全メニューに県信用保証協会の0.1%割引が実施されます)

2.新設する「新型コロナウイルス対策特別融資(危機関連保証別枠)」のポイント

  • 今回の新型コロナウイルス対策特別融資(危機関連保証別枠)は、売上が15%以上の減少で、セーフティネット保証とはさらに別枠で利用可
  • 売上が前年同期と比べて20%以上減少している方は、最大6億4千万円までの融資が利用可(危機関連保証別枠:2億8千万円+4号別枠:2億8千万円+売上・利益減少対策融資【新型コロナウイルス要件】:8千万円)
  • 保証料負担は通常0.8%のところ、一律0%に優遇(県の補助0.7%、神奈川県信用保証協会0.1%割引)
  • 神奈川県信用保証協会が100%保証
  • 据置期間は最長2年(他の新型コロナウイルス関連融資は据置期間1年)
融資対象者 新型コロナウイルス感染症の影響で、最近1か月の売上高が前年同月の売上高に比べて15%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月の売上高が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれる、危機関連保証の認定を事業所所在市町村から受けた中小企業者等
融資限度額 2億8,000万円(別枠) ※セーフティネット保証とはさらに別枠
融資期間 運転資金・設備資金:10年以内(据置期間2年以内を含む)
融資利率(固定金利)

2年以内:年1.2%以内

2年超5年以内:年1.4%以内

5年超10年以内:年1.6%以内

信用保証

神奈川県信用保証協会の保証が必要(100%保証) 保証料率は、0%

(県による保証料補助及び神奈川県信用保証協会の割引後)

3.新型コロナウイルス関連融資に関する問合せ先

電話 045-210-5695(金融課経営相談窓口)

<参考資料>既存の新型コロナウイルス関連融資一覧、制度融資取扱金融機関の一覧(PDF:426KB)

問合せ先

神奈川県産業労働局中小企業部金融課

課長 髙山
電話 045-210-5670

融資グループ 太田
電話 045-210-5677