KDDIとレッドブル・ジャパン、スポーツ・エンターテインメント領域における新たな価値創出に向けた包括的パートナーシップを構築 - au 5Gを活用し、スポーツ選手の迫力をお届けする新たなスポーツ観戦体験を協創

2020/06/30  KDDI 株式会社 

KDDIとレッドブル・ジャパン、スポーツ・エンターテインメント領域における新たな価値創出に向けた包括的パートナーシップを構築

~au 5Gを活用し、スポーツ選手の迫力をお届けする新たなスポーツ観戦体験を協創~

  • KDDI株式会社
  • レッドブル・ジャパン株式会社

2020年6月30日

KDDI株式会社(以下 KDDI)とレッドブル・ジャパン株式会社(以下 レッドブル・ジャパン)は、au 5GやIoTなど先端テクノロジーを活用したトップアスリートの高度かつ迫力ある映像コンテンツの創出やトレーニングの高度化など、スポーツ・エンターテインメント領域における新たな価値の創出を目的に、包括的パートナーシップを2020年6月30日に構築しました。

<KDDIとレッドブル・ジャパンの取り組みイメージ動画>

■包括的パートナーシップの内容

1.先端テクノロジーを用いた新たなスポーツ観戦体験を協創

両社は2020年9月以降、レッドブル・ジャパン主催の国内イベントにおいて、au 5Gを活用し、 マルチアングル映像やライブ配信、XR(注)視聴など先端テクノロジーを用いた映像コンテンツを制作します。ネットとリアルの両面で連携することでスポーツの観戦や体験を拡張します。

2.レッドブル・ジャパンのアスリートの支援と新たな「英雄」の発掘

両社はレッドブル・ジャパンに所属する世界中のトップアスリートを「英雄」と位置づけ、au 5GやIoTなどを活用し、次世代を担う「英雄」の発掘と成長を促す取り組みを推進していきます。
また、「英雄」の持つ魅力や迫力をお届けするオリジナルコンテンツの配信も予定しています。

3.レッドブル・ジャパンのコンテンツをau スマートパスプレミアムやKDDI 直営店などで展開

2020年6月30日以降、auスマートパスプレミアムやKDDI直営店にて、レッドブル・ジャパンが制作したスカイダイビングやエアレースなどを選手目線で体感できるVR映像を展開します。
さらにKDDI直営店では、レッドブル・ジャパンが主催するイベントと連動したau 5Gを用いたXR体験やライブ映像視聴ができる特設ブースを設置します。映像配信を通して、イベント会場だけでなく自宅・外出先・KDDI直営店から高揚感のある新たなスポーツ・エンターテインメント体験をお楽しみいただけます。

両社はこれまでも、2020年2月にレッドブル・ジャパンが主催した「Red Bull Ice Cross World Championship」において、滑走する選手の視点をVRで体験できる「ドーム型VRスペース」や、コース上に設置された自由視点映像技術「4DREPLAY」のカメラで撮影した映像が体験できる特設ブースの設置など、エクスストリームスポーツの観戦体験を拡張する取り組みを実施し、協力関係を築いてきました。

<横浜での大会の様子 (C)Jason Halayko/Red Bull Content Pool>

このたびの包括的パートナーシップを通じて、両社はスポーツ・エンターテイメントの価値を高めるとともに、先端テクノロジーとエクストリームスポーツを組み合わせた、新たな体験を創出していきます。

  • (注)
    「仮想現実 (virtual reality)」「拡張現実感 (Augmented Reality)」などの総称のこと。
  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界