楽天モバイル、「Rakuten Communications Platform」のグローバル展開に向けて、シンガポールに拠点を設立

2020/06/30  楽天 株式会社 

2020年6月30日

  • 楽天モバイル株式会社

楽天モバイル、「Rakuten Communications Platform」のグローバル展開に向けて、シンガポールに拠点を設立

- 今後、米州地域における事業拠点を米国・カリフォルニア州にも設立予定 -

楽天モバイル(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久、以下「楽天モバイル」)は、携帯キャリアサービスにおける国際サービス提供拠点と、「Rakuten Communications Platform」(以下「RCP」)(注1)の開発センターおよびグローバルでの販売・マーケティング本社として、Rakuten Mobile Singapore Pte. Ltd.(本社:シンガポール、代表者:島田 博典、Rahul Atri(ラウル・アトリ)、以下「RMSG社」)を設立したことをお知らせします。また今後、米国における「RCP」の販売・マーケティング拠点として、米国・カリフォルニア州に子会社の設立を計画しています。

今後、RMSG社は、楽天モバイルが開発を進める4G(第4世代移動通信システム)および5G(第5世代移動通信システム)のモバイルネットワークを提供するコンテナプラットフォームである「RCP」をグローバルで展開するための拠点となります。RMSG社においては、新たに楽天モバイルのグローバルセールス・マーケティング統括としてRabih Dabboussi(ラビー・ダブーシ)が「RCP」のグローバル事業展開の担当として参画します。

また、米国に設立予定の子会社は、米州地域における「RCP」の事業展開拠点となり、楽天モバイルの米国ゼネラルマネージャーであるAzita Arvani(アジータ・アルバニ)が同子会社においてプロジェクトを担当します。

楽天モバイル代表取締役副社長兼CTO(最高技術責任者)のタレック・アミンは次のように述べています。「楽天モバイルは、『RCP』を、世界中のテレコム企業、政府・自治体、その他の企業の皆様にご利用いただけるよう開発しております。『RCP』により、迅速かつ費用効率良く、完全仮想化クラウドネイティブネットワークを導入することができます。今回、楽天モバイルのグローバルセールス・マーケティング統括として、ラビー・ダブーシを採用し、グローバル展開に向けた準備を加速させます」

ラビ―・ダブーシは次のように述べています。「楽天モバイルは、イノベーションに対する明確なビジョンを持ち、顧客志向、品質向上に向けた取り組みを続けており、その一員となれることを嬉しく思います。今後、楽天モバイルが『RCP』を通じてテレコム企業や事業会社のお客様へ価値を提供していくことができるよう尽力してまいります」

楽天モバイルの米国ゼネラルマネージャーであるアジータ・アルバニは次のように述べています。「楽天モバイルは、テレコム産業に対して、『RCP』の先進性を示してきました。今後、当社は、米州地域における携帯キャリアや政府・自治体のパートナーとなり、安全でコストを抑えた、クラウドネイティブなネットワークアーキテクチャの導入、5Gへの移行を支援していきたいと考えています」

楽天モバイル代表取締役副社長兼CTO(最高技術責任者)のタレック・アミンは最後に次のように述べています。「楽天モバイルは、日本において、短期間で4Gの本格サービスを開始し、5Gによるサービスも今年開始する予定です。当社の世界初(注2)となる完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークの構築により得られた技術的な青写真と知見は、『RCP』に備えられています。今後、ダブーシおよびグローバルチームと連携して、当社のプラットフォームを世界中のお客様へお届けし、モバイル産業の民主化を進めてまいります」

■Rakuten Mobile Singapore 概要
・社名:Rakuten Mobile Singapore Pte. Ltd
・所在地:138 Market Street, #32-01, CapitaGreen, Singapore 048946
・資本金:328,113,575 シンガポールドル
・出資比率:楽天モバイル株式会社100%
・代表者:島田博典、Rahul Atri(ラウル・アトリ)
・設立日:2019年10月2日
・営業開始日:2020年4月8日

(注1)「Rakuten Communications Platform」とは、楽天モバイルが開発を進める4Gおよび5Gのモバイルネットワークを提供するコンテナプラットフォームです。本プラットフォームでは、コンテナ化されたモバイルネットワーク用のアプリケーションが稼働します。
(注2)大規模商用モバイルネットワークとして(2019年10月1日時点)/ステラアソシエ調べ

以 上

関連業界