2020年度水浴場の水質調査結果を公表します

2020/06/30  三重県  

令和02年06月30日

令和2年度水浴場の水質調査結果を公表します

県内の主要な19水浴場(18海水浴場、1河川水浴場)において、開設期間前の水質調査を実施し、水浴場水質判定基準に基づき判定したところ、全ての水浴場が「適」又は「可」となりました。

1 調査対象水浴場
三重県内の19水浴場(18海水浴場、1河川水浴場)
2 調査年月日
令和2年5月13日、26日
3 調査対象項目
ふん便性大腸菌群数、COD(化学的酸素要求量)、透明度、油膜の有無
(参考項目:pH、病原性大腸菌O-157)
4 調査結果
水浴場水質判定基準(別添)に基づき判定したところ、最も水質の良いAAが13ヶ所、Bが6ヶ所
と、全ての水浴場が水浴に適した水質でした。

<水浴場ごとの判定結果>
・水質AA「適」13ヶ所
二見浦、市営安楽島、鳥羽白浜、千鳥ヶ浜、阿児の松原、次郎六郎、御座白浜、
大矢浜、城ノ浜、三木里、新鹿、大泊、多度峡(河川)
・水質A「適」
該当なし
・水質B「可」6ヶ所
千代崎、鼓ヶ浦、御殿場、香良洲、松名瀬、大淀
・水質C及び不適
該当なし
※なお、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、各水浴場が開設されない場合があります。

関連資料

  • 令和2年度主要水浴場の水質調査結果(PDF(118KB))
  • 水浴場調査地点図(PDF(141KB))
  • 水浴場水質判定基準(PDF(126KB))