新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けた皆さまへのファンドによる支援について

2020/06/30  株式会社 東邦銀行 

ニュースリリース

2020/06/30

新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けた皆さまへのファンドによる支援について

東邦銀行(頭取 佐藤 稔)は、株式会社地域経済活性化支援機構のファンド運営子会社であるREVICキャピタル株式会社等との共同ファンド「令和元年台風等被害広域復興支援投資事業有限責任組合(以下、本ファンド)」において、新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けた事業者さまもご利用いただけるよう対象を拡大いたします。

本ファンドは、昨年の台風第15号および第19号等の一連の豪雨・暴風災害により被災した事業者さまおよび災害復興に資する事業を行う事業者さま等に対する支援を行うことを主たる目的として2020年1月に設立されました。

今般、新型コロナウイルス感染症拡大により影響を受け、経営基盤の改善やビジネスモデルの転換等に取り組む企業へも対象を拡大するものです。

当行は今後も地域金融機関としてお客さまと地域の復興・成長支援に取組んでまいります。

【本ファンドの概要(2020年6月30日現在)】下線は、今回の変更箇所です。

名称 令和元年台風及び新型コロナウイルス等被害東日本広域復興支援投資事業有限責任組合
ファンド金額 4,195百万円
組合員構成 当行を含む地域金融機関33行および株式会社日本政策投資銀行、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社商工組合中央金庫など
業務運営者 東邦リース株式会社、株式会社常陽産業研究所、株式会社あしぎん総合研究所、八十二キャピタル株式会社、株式会社AGSコンサルティング、REVICキャピタル株式会社
設立日 2020年(令和2年)1月31日
存続期間 10年間
投資対象 岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県、北海道、青森県、秋田県及び山形県に本店または主要事業拠点を有する、台風等災害により被災された事業者及び同地域の災害復興に資する事業者、並びに新型コロナウイルス感染症の影響により経営環境が悪化した事業者

以上

関連業界