「AI開発プロセス」を体系的に整理し、AI案件への試行適用を開始

2020/06/30  株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ 

「AI開発プロセス」を体系的に整理し、AI案件への試行適用を開始

~信頼できるAIシステムを実現するためのプロセス~

ニュースリリース/NTTデータ

2020年6月30日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、「AI開発プロセス」を策定し、2020年7月より当社が行う全てのAI案件への試行適用を開始します。

AI開発プロセスは、AIが組み込まれたシステム(以下:AIシステム)の開発における共通的な工程を体系化して定義したもので、全社での300以上のユースケースをもとに策定されました。AI開発プロセスには、AIシステムの総合的な品質保証を念頭におき、社会的に求められる倫理、コンプライアンス上のチェック観点や、AIシステム開発において重要となるデータの事前加工や品質管理に関するノウハウが組み込まれています。本プロセスを適用することで、性能、拡張性、セキュリティー、プライバシーなど総合的な観点から、お客さまが安心して利用できるAIシステムを実現します。

本試行適用ではまず日本国内におけるAI案件を対象とし、有効性が確認された後グローバルでの展開も視野に検討を進めます。また、本プロセスの策定を主導するAI CoE(Center of Excellence)注1の活動を通して、2022年度末までにAIシステムの開発体制を3,000人規模に増強することで、NTTデータにおけるAI案件の推進力を強化します。

背景

AIが組み込まれたシステムが急速に普及しつつある今、AI固有の特性により、これまでのシステム開発とは異なる課題が明らかになりつつあります。AIシステム開発においては、AIモデルの構築が重要な要素となります。効果的なAIモデルの構築には、データの取り扱いに関する知識や機械学習の知識等、多くの専門知識が必要となり、これまでのシステム開発とは異なる領域の知識を持った技術者が必要となります。また、AIモデルの構築には、最適化のために多くの繰り返し試行が必要となるなど、従来のシステム開発とは異なる工程が必要になります。

このたび、NTTデータは、AIが組み込まれたシステム開発における共通的な工程を体系化して「AI開発プロセス」として標準化しAI案件に適用します。これにより、お客さまが安心して利用できるシステムの提供を実現します。

概要(特長)

AI開発プロセスは、AIシステム開発において必要となる役割、タスク、成果物を体系的に整理し、標準的な開発手順およびプロジェクト管理手順として定義したものです。本プロセスは、以下のような特長を持っています。

  • NTTデータAI&IoT事業部を中心として全社での300以上のユースケースをもとに策定、実績に基づく知見を活用した効率的な開発を実現
  • AIモデルや学習用データセットの構成管理、品質管理など、AI固有の管理観点が盛り込まれているため、プロジェクトにおける問題の発生を防止し、より信頼のおけるAIシステムの開発が可能
  • AIシステム開発において特に重要となるデータの取り扱いに着目、長年データ加工や統合に携わる専門家の知見を盛り込み、データ整理、前処理、AIモデル構築といった一連のプロセスを円滑に実施可能

図1:AI開発プロセスの全体像

今後について

今後NTTデータは、AI CoEを通じてAI開発プロセスを技術者に展開し、2020年7月以降の全てのAI案件にAI開発プロセスの試行適用を開始します。本試行適用ではまず日本国内におけるAI案件を対象とし、有効性が確認された後グローバルでの展開も視野に検討を進めます。AI開発プロセスに記載された内容は試行適用結果やプロジェクト傾向を受けて定期的に見直し、継続的に拡充、更新していきます。またAI CoEの活動を通じて本プロセスを活用できる人材を育成して、2022年度末までにAIシステムの開発体制を3,000人規模に増強することで、NTTデータにおけるAI案件の推進力を強化します。

本開発プロセスは、AI・データ活用によるビジネス変革を、戦略・人財/組織・データ・IT横断的に支援するサービスである「デジタルサクセス™プログラム」注2にも、お客さまのシステムを信頼性高く効率的に開発するための方法論として活用する予定です。また、AIシステム開発で求められる「より大量で多様な構造・非構造データを扱いたい」、「AI開発固有の試行錯誤や商用化のプロセスに対応したい」といった要件に応えるため、方法論と合わせて「Trusted Data Foundation®」注3、「iQuattro®」注4を継続的に強化するとともに、オープンソースソフトウエアの知見を生かした新たなデータ活用基盤を実現し、お客さまが安心してAIを活用したシステムを利用できるための取り組みを続けていきます。

図2:AI開発プロセスの位置づけと今後の予定

注釈

  • 注1CoE(Center of Excellence)活動とはグローバル横断で最先端技術の知見を蓄積する拠点をもとに活動することです
    2019年5月21日ニュースリリース:AI技術のグローバル集約拠点、AI CoEを新たに設立。
    https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/052100/
  • 注2グローバル500社以上でのAI・データ活用によるビジネス変革、AI・データの民主化支援実績を基にした実践的なビジネス変革プログラムです。NTTデータグループの1,000名を超えるAI・データ活用に関わるスペシャリストが、AI・データ活用のビジネス、IT基盤、データ整備、人材・組織の各要素について、構想の策定から施策の実行、運用・成果創出まで一貫して支援します。また、本プログラムでは、NTTデータのAI・データ活用、DX領域のパートナー企業である、DataRobot、インフォマティカ、ThoughtSpot、Tableau、Salesforceなどのテクノロジー横断での活用支援、成果創出と、これらを融合したトータルソリューションを提供します。
  • 注3「Trusted Data Foundation」は、企業がデータ資産を集約し、分析活用するための環境を、AWS、Microsoft Azure等のプラットフォーム上にオールインワンで提供するソリューションです。
    https://enterprise-aiiot.nttdata.com/tdf/
  • 注4「iQuattro」は、部門間、拠点間、企業間などに散在するデータと先進デジタル技術を組み合わせて、新たな情報活用価値を創出するためのクラウド型のプラットフォームサービスです。
    https://enterprise-aiiot.nttdata.com/iquattro/
  • 「デジタルサクセス」は日本国内における株式会社NTTデータの商標です。
  • 「Trusted Data Foundation」「iQuattro」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
佐野
TEL:050-3644-3022

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術革新統括本部
技術開発本部
武田、松本
TEL:050-5546-9741

他の画像

関連業界