人事労務業務の電子化推進により、業務効率化を実現

2020/09/15  SCSK 株式会社 

人事労務業務の電子化推進により、業務効率化を実現 ~SCSK「ProActive E²」とクラウド人事労務ソフト「SmartHR」が連携開始~

PDF (152KB)

2020年9月15日(火)

SCSK株式会社

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、SCSK自社開発のERPパッケージ「ProActive E²(プロアクティブ イーツー)」と株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)のクラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」 が、入退社手続きや給与計算などの人事労務業務の電子化推進により、業務効率化を実現するため、2020年10月1日から連携することをお知らせします。

1. 背景

少子高齢化を背景にした人材不足の時代において、人事・労務部門に求められる役割は大きいですが、入退社手続きや給与計算などの定型業務への対応に追われ、社員教育や制度改革、人材の適正配置など、戦略的業務に集中できない点が課題となっています。

このような課題解決に向けて、SCSKは、「ProActive E²」と人事労務業務の効率化に貢献するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」との連携を開始します。これにより、入退社手続きや給与計算などに必要な情報を集約して電子化し、人事労務業務の効率化を実現、人事労務担当者が戦略的業務へシフトすることを支援します。

2. 「ProActive E²」と「SmartHR」連携の特長

  • それぞれのサービスで収集、蓄積した個人情報の連携が可能
  • 「SmartHR」が収集、蓄積した保有人事データを「ProActive E²」へCSVにて連携が可能
  • 2021年1月以降、「ProActive E²」が収集、蓄積した保有給与データを「SmartHR」へAPIにて相互連携が可能
  • 人事情報のデータベースならびに給与計算などが可能な「ProActive E²」と、従業員との接点としての「SmartHR」、それぞれのサービスの強みを活かすことで人事給与情報の集約や労務手続きを一括で行い、人事労務業務の効率化を実現

3. 今後の展望

SCSKは2015年8月から、株式会社パソナHRソリューション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧嶋 和彦、以下 パソナHRソリューション)と協業し、人材不足や働き方改革に課題を抱える企業様に向けて、「ProActive E²」を運用基盤システムとした給与計算BPOサービスを推進しています。パソナHRソリューションは、SmartHRとも業務提携を行っており、今回の連携によって、3社はBPOを含めた人事労務業務の課題解決を支援します。

今後、SCSKとSmartHRは共同で、セミナーやキャンペーンを実施していきます。

「ProActive」について

SCSKのERPパッケージ「ProActive」は、27年間、6,200社、280の企業グループを超える導入実績を誇っています。ニーズに応じてオンプレミス、マネージドサービス、SaaSから柔軟に利用形態を選択することが可能です。保守サポートの終了が無い「超寿命」、グループ導入を支える豊富なノウハウと機能、国産ERPならではの法改正対応と高い業務適合率など、さまざな特長を有しています。

https://proactive.jp/

「SmartHR」について

「SmartHR」は、2年連続シェアNo.1 (※) のクラウド人事労務ソフトです。雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きのペーパーレス化を実現します。組織や従業員の情報を集計・可視化できる「ラクラク分析レポート機能」は戦略人事にも活用可能。さらに、勤怠管理や給与計算システムなど、さまざまなサービスとの連携も充実。「SmartHR」は煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放し、企業の生産性向上を後押しします。

  • ※『HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度 労務管理クラウド部門』ミック経済研究所調べ
https://smarthr.jp

SCSKのサステナビリティ経営

SCSKグループは事業を通じた社会課題解決により、社会と共に持続的な成長を図る「サステナビリティ経営」を推進しています。社会が抱えるさまざまな課題の中で、特に重要と捉え、優先的に取り組む課題を7つのマテリアリティとして策定しており、本サービスは、特に「いきいきと活躍できる社会の実現」に資するサービスです。

  • 勤務環境の改善、働き方のさらなる向上

本件に関する
お問い合わせ先

製品・サービスに関する
お問い合わせ先

SCSK株式会社
ProActive事業本部
TEL:
東 京:03-6772-9700
名古屋:052-209-7007
大 阪:06-6223-6230
福 岡:092-472-5800
E-mail:proactive@ml.scsk.jp

報道関係
お問い合わせ先

SCSK株式会社
広報部 高野
TEL:03-5166-1740

  • ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

他の画像

関連業界