日野自動車とKDDI、トラック専用ナビアプリとスマホ代金・通信料をセットにした「スペシャルナビパック」を提供開始

2020/09/16  KDDI 

日野自動車とKDDI、トラック専用ナビアプリとスマホ代金・通信料をセットにした「スペシャルナビパック」を提供開始

ニュースリリース一覧

ツイート

~トラックが通行可能なルートを案内、誤った経路選択による事故の防止をサポートし、安心・安全な運行に貢献~

  • 日野自動車株式会社
  • KDDI株式会社

2020年9月16日

日野自動車株式会社 (本社: 東京都日野市、代表取締役社長: 下 義生、以下 日野) とKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、トラックユーザーの安心・安全な運行に貢献するため、トラック専用のナビゲーションシステムを搭載したスマートフォンの端末代金・通信料をセットにした「スペシャルナビパック」(以下 本パッケージ) を日野の各販売会社を通じて2020年9月16日から順次提供を開始します。

<「スペシャルナビパック」イメージ>

トラックやバスなどの大型車が関連する事故は一般的に被害が大きくなる傾向があり、ドライバーの安全運転を支援し交通事故を防止・低減することは社会的な課題となっています。特に大型トラックは通行可能な道路に制限があり、誤った経路選択が事故に直結する可能性があります。

このような課題の解決と交通事故死傷者ゼロ社会の実現のため、日野とKDDIは、トヨタ自動車株式会社 (本社: 愛知県豊田市、代表取締役社長: 豊田 章男、以下 トヨタ) の協力のもと、スマートフォンの端末代金と通信料金、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」の利用料をセットでお求めやすい料金でご利用いただける本パッケージを商品化しました。

本パッケージでは、株式会社ナビタイムジャパン (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 大西 啓介、以下 ナビタイムジャパン) の「トラックカーナビ」をスマートフォンにプリインストールして提供します。「トラックカーナビ」は、登録した車高・車幅・重量などの車両情報に基づき大型車が通行可能なルートを案内するほか、ルート設定をせずとも通行不可能な地点に接近すると注意喚起するなどの機能を備えています。カーナビを搭載していないトラックでも、初めて通る道を安心して走行することができます。

なお、本パッケージは、日野車に限らずどのメーカーの車両でもお使いいただけるため、幅広いトラックユーザーの安心・安全な運行をサポートします。

日野とKDDIはトヨタとともに、自動車の安心・安全な走行環境の実現に向け、今後も継続してトラックやバスなどの大型車およびドライバーの交通事故防止・安全走行の支援に取り組んでいきます。

■本パッケージについて

1. サービス概要

「トラックカーナビ」をプリインストールしたスマートフォンの端末代金と通信料金、「トラックカーナビ」の利用料をセットでご利用いただけます。

(参考)「トラックカーナビ」について

  • ナビタイムジャパンの提供するトラック専用カーナビアプリです。登録した車両情報に応じて、車高/車幅/重量/トラック通行止を考慮した、最適なルートを案内します。
  • 複数の配送先にまわる際の最適な順番を提案する巡回経路検索や、トラックが停められる施設の検索、航空写真表示や見やすい交通情報など、トラックドライバーに便利な機能も満載です。
「トラックカーナビ」の主な特長 [1] トラック専用ルート案内
[2] 規制情報の地図表示
[3] 巡回経路検索
[4] 渋滞情報確認機能
[5] Myルートプラン
[6] トラックの駐車可能なスポット検索
[7] 航空写真表示

2. 提供開始日

2020年9月16日から順次提供

3. お問合せ先

本パッケージの導入に関しては、以下の窓口に問い合わせください。

問い合わせ先

日野自動車 お客様相談窓口 フリーダイヤル: 0120-106-558
(受付時間: 月~金 9:00~12:00、13:00~17:00 ※年末年始・GW・お盆を除く)

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界