第42回「全日本中学生水の作文コンクール」神奈川県表彰の入賞者が決定しました

2020/09/15  神奈川県  

第42回「全日本中学生水の作文コンクール」神奈川県表彰の入賞者が決定しました

印刷用ページを表示

掲載日:2020年9月15日

2020年09月15日

記者発表資料

「水の日(8月1日)」及び「水の週間(8月1日から7日)」の行事の一環として実施された第42回「全日本中学生水の作文コンクール」について、県審査入賞者が決定しましたので、お知らせします。

1 概要

「全日本中学生水の作文コンクール」は、次代を担う中学生を対象として、広く水に対する関心を高め、理解を深めるため、水循環政策本部、国土交通省及び本県が共催で実施しているもので、今回で第42回となります。

平成26年7月に施行された水循環基本法において、国民の間に広く健全な水循環の重要性についての理解と関心を深めるようにするため、8月1日が「水の日」と定められました。この作文コンクールも「水の日」の趣旨にふさわしい事業として実施しています。

2 県内応募状況

応募数:504編

学校数:7校

3 神奈川県表彰の入賞者

次表のとおり

【神奈川県表彰の入賞者一覧(掲載順は、各賞ごとに作者氏名の五十音順)】

題名 氏名 中学校名 学年
最優秀賞 水と密接な関係を持つ森林 丸岡 龍生 慶應義塾普通部 2年
優秀賞 安全な水を世界中に 天田 桂菜 洗足学園中学校 2年
自然と共存していく 君塚 心優 洗足学園中学校 3年
酒匂川と昔の人々の知恵と今 瀬戸 陽香 聖園女学院中学校 1年
水に恵まれている日本でできること 西村 莉緒 洗足学園中学校 2年
入選 「おいしい」の裏に 池田 優里 洗足学園中学校 3年
「大地の保水力を守るために」 坪井 優佳 洗足学園中学校 2年
お祖父ちゃん、美味しいお茶をどうぞ 星 晴菜 聖園女学院中学校 1年
水源環境賞※ 水と密接な関係を持つ森林 丸岡 龍生 慶應義塾普通部 2年
酒匂川と昔の人々の知恵と今 瀬戸 陽香 聖園女学院中学校 1年
「大地の保水力を守るために」 坪井 優佳 洗足学園中学校 2年

※水源環境賞は最優秀賞、優秀賞、入選との重複受賞。


最優秀賞及び優秀賞の5編を中央審査(国土交通省)に推薦しました。

なお、入賞作品は表彰日以降県ホームページで掲載します。

4 表彰式について

表彰は9月23日(水曜日)付けで行いますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、表彰式は実施しません。

※入賞者が所属する学校(希望校のみ)に対し、土地水資源対策課水政室長が所属学校にて表彰状の授与を行います。取材・撮影等を御希望の場合は、9月25日(金曜日)までに土地水資源対策課水政室水政グループ(電話 045-285-0049)まで御連絡下さい(新型コロナウイルス感染症対策による人数制限のため、先着順となる場合がございますので予め御了承下さい。)。

問合せ先

神奈川県政策局政策部土地水資源対策課

水政室長 志澤
電話 045-285-0048

水政グループリーダー 高橋
電話 045-285-0049