宮中献穀における「抜穂祭(ぬいぼさい)」の実施について(9月26日)

2020/09/16  長崎県庁 

宮中献穀における「抜穂祭(ぬいぼさい)」の実施について(9月26日)


担当課 農産園芸課
担当者名 浜崎、清水
電話番号 直通:095-894-2949
内線:2949

2020年9月16日更新

宮中献穀は、毎年、各都道府県が宮内行事の新嘗祭(にいなめさい)で使用するための新穀を生産し献上する行事です。

本年度の献穀者である松浦市今福町の松本元行さんと「農事組合法人 清流の里 木場」をはじめとして、宮中献穀松浦市奉賛会並びに関係者の皆様のご協力により生産されたお米が実りの秋を迎えようとしています。

今回行なわれる「抜穂祭」は宮中に献上する稲穂を刈り取る行事で、「お田植祭」と並ぶ大きな催しであり、地元の小・中・高校生が刈女(かりめ)、田男(たおとこ)として稲刈りを行うなど、見所の多い内容となっておりますので、ご案内申し上げます。

日時

令和2年9月26日(土曜日) 午前10時30分から

場所

松浦市今福町木場免(木場公民館近くの献穀田)

参加予定者

松浦市、県議会議員、松浦市議会議員、ながさき西海農協、市内団体、地元小・中学校、高校、長崎県等

年間行事予定

9月26日 抜穂祭(松浦市)

10月末 新嘗際献穀献納式(未定)(皇居)

11月 記念米知事贈呈(長崎県長)

先頭に戻る

メニュー