県庁第二庁舎の制振用オイルダンパーの交換工事について

2020/09/16  埼玉県  

発表日:2020年9月16日11時

県庁第二庁舎の制振用オイルダンパーの交換工事について

部局名:総務部
課所名:管財課
担当名:営繕担当
担当者名:宇野、岩橋

内線電話番号:2595
直通電話番号:048-830-2595
Email:a2580-03@pref.saitama.lg.jp

県では、平成23年に竣工した県庁第二庁舎の耐震補強工事において設置した制振用オイルダンパーの一部に、契約内容に不適合な製品があることについて、設置工事者である戸田建設(株)及び製品出荷元である(株)川金コアテックと、対応を協議してまいりました。

今回、本来の要求性能を満たすよう、不適合な制振用オイルダンパーを基準に適合するものと交換する工事を実施することとしました。これにより、現状より高い安全性が確保されます。

なお、県庁第二庁舎の耐震安全性は、検証の結果、現状においても震度6強から7程度の地震に対して、建物が倒壊しないことが確認されています。

1 交換工事の概要

(1)施工者

戸田建設株式会社関東支店

(2)製品提供元

株式会社川金コアテック

(3)工事内容

制振用オイルダンパー全308基のうち不適合な製品28基を適合する製品に交換する

(4)工事期間

令和2年10月1日から令和3年3月31日まで

(5)工事費

埼玉県は、本工事に関する費用負担をしない

2 経緯等

(1)経緯

  • 平成30年10月に国土交通省より、光陽精機(株)が製造し(株)川金コアテックが出荷する免震・制振用オイルダンパーの一部について、顧客との契約内容に不適合なものが出荷されているとの連絡があった。
  • 県庁第二庁舎に設置されている(株)川金コアテックが出荷した制振用オイルダンパーについて、同社から状況等を聴取したところ、出荷前の検査データの書換えによる不適合な製品が設置されていることを確認した。
  • その後、当該耐震補強工事を請け負った戸田建設(株)及び(株)川金コアテックと、第二庁舎に設置されている不適合な制振用オイルダンパーを交換するための協議を重ねてきた。

(2)不適合の内容等

不適合の内容

  • 採用されている制振用オイルダンパーの減衰力については、必要とされる許容値の範囲を基準値の±10%以内とする(要求性能)必要がある。
  • 出荷前の自社の検査で許容値の範囲を超える場合には、不適合製品を再調整して組み直すことで、減衰力の値を許容値の範囲内に収めなければならならないところ、不適合製品の検査データの値を許容値の範囲内に書き換えて出荷した。

不適合箇所数

  • 制振用オイルダンパーの総数は308基であるが、減衰力が設計許容値±10%を超過した制振用オイルダンパーが28基あった。この28基についてデータの書き換えが行われていた。

乖離値の状況

  • 最大誤差13.2%
  • 乖離値は比較的小さい

(3)耐震安全性の検証について

  • 国土交通省が示した検証方法に基づき、構造設計と施工を担当した戸田建設(株)において安全性を検証し、極めて稀に発生する地震(震度6強から7程度の地震)に対して倒壊・崩壊しないことを確認した。
  • また、戸田建設(株)による耐震安全性の検証結果について、第三者機関である一般財団法人ベターリビングが確認したところ、「検証結果は妥当である」旨の報告がされている。

3 参考

(1)県庁第二庁舎の概要

構 造:鉄骨鉄筋コンクリート造

規 模:地上10階・地下2階・塔屋2階

延床面積:33、513.66平方メートル

竣 工 年:昭和49年(1974年)

(2)耐震改修工事の概要

請負者:戸田建設株式会社関東支店

工期:平成21年3月30日から

平成23年3月11日まで

工事内容:制振用オイルダンパーの設置など

※出荷元は(株)川金コアテック

4制振用オイルダンパー

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る

他の画像