令和2年台風第10号における予報の検証(速報)

2020/09/16  気象庁 

令和2年台風第10号における予報の検証(速報)

報道発表日

令和2年9月16日

概要

台風第10号が九州の西海上を北上した際、予報よりも早く勢力が弱まった原因などについて、速報的に検証を行いました。

本文


台風第10号が九州の西海上を北上した際、予報よりも早く勢力が弱まり、西日本を中心とした雨量も少なく、高潮となった地点が少なかった原因について速報的に検証したところ、以下の要因が明らかになりました。

  1. 台風の発達が抑えられたのは、東シナ海から台風に乾燥空気が流入したことが影響したと考えられます。また、海面水温の低下に伴う予報への影響については限定的であった。
  2. 西日本での雨量が少なかったのは、台風が速い速度で九州西海上を北上したため強い雨の時間が長時間続かなかったことに加え、数値予報モデルを統計的に補正する手法(ガイダンス)が過大な予想をしたためであった。
  3. 高潮が発生した地点が少なかったのは、潮位偏差(潮位から天文潮位を差し引いた値)のピーク時刻が満潮時刻とずれたこと等が要因であった。

問合せ先

予報部 予報課 アジア太平洋気象防災センター 田中(台風予報・実況の概要)
電話:03-3212-8341(内線3148) FAX:03-3211-8303

予報部 数値予報課 計盛(検証内容(高潮以外))
電話:03-3212-8341(内線3312) FAX:03-3284-0180

地球環境・海洋部 海洋気象課 海洋気象情報室 林原(検証内容(高潮))
電話:03-3212-8341(内線5126) FAX:03-3211-6908

資料全文