第2回カーボンリサイクル産学官国際会議2020を開催しました

2020/10/15  経済産業省 

第2回カーボンリサイクル産学官国際会議2020を開催しました

2020年10月15日

エネルギー・環境

経済産業省及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月13日火曜日、第2回カーボンリサイクル産学官国際会議2020を開催しました。会議の中で、環境と成長の好循環の実現に向け、CO2を資源として活用するカーボンリサイクルについて、その意義と取組進捗、そして今後の方向性を発信しました。また、日米間でのカーボンリサイクルに係る協力覚書の締結をはじめ、国際連携を強化しつつ、社会実装に向けた技術開発・実用化に取り組むことを確認しました。

1.概要

日時

令和2年10月13日(火曜日)19時00分~22時30分

場所

WEB形式

登録者数

約1700名

参加国等

22か国・地域

2.主な出席者

  • 梶山経済産業大臣、江島経済産業副大臣
  • テイラー 豪州エネルギー・排出削減担当大臣
  • ブルー ノルウェー石油エネルギー大臣
  • ウィンバーグ 米エネルギー省次官補
  • ターク IEA事務局次長
  • 湯崎 広島県知事
  • 西村 ERIA事務総長
  • 小林 カーボンリサイクルファンド会長 等

3.成果

  • 米国とカーボンリサイクルに係る協力覚書を締結し、技術情報の共有、専門家の相互派遣、テストサンプルの交換等に合意しました。カーボンリサイクル技術に関する両国の強みを組合せ、開発・実用化を加速していきます。

  • 江島副大臣が、「カーボンリサイクル3Cイニシアティブ」に基づく取組の進捗と今後の方向性を、プログレスレポートとして発信しました。日本の技術開発や広島県・大崎上島の実証研究拠点等を紹介し、国際連携の更なる強化を目指します。

  • 梶山大臣 開会挨拶
  • 江島副大臣 プログレスレポート発表

関連資料

担当

資源エネルギー庁カーボンリサイクル室
室長代理 土屋
担当者:藤原、銀澤、金田

電話:03-3501-1511(内線 4681)
03-3501-1727(直通)
03-3580-8564(FAX)

他の画像

関連業界