バーコード読み取りで紙文書を効率よく電子化管理! 複合機・スキャナー連携ソフトウェア「Barcode Utility」新発売

2020/10/15  ブラザー工業 株式会社 

バーコード読み取りで紙文書を効率よく電子化管理!
複合機・スキャナー連携ソフトウェア「Barcode Utility」新発売

2020年10月15日 ブラザー工業株式会社 ブラザー販売株式会社

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、複合機やドキュメントスキャナーと連携することで、自動でバーコードを読み取り、紙文書を効率よく電子化できるソフトウェア「Barcode Utility(バーコードユーティリティ)」を10月15日から発売します。

ブラザーは、インクジェット複合機やレーザー複合機、ドキュメントスキャナーなどスキャン機能を搭載した製品ラインアップを多数取り揃えています。このたび発売する「バーコードユーティリティ」は、バーコード情報が印字された原稿を一括スキャンして自動で管理フォルダへの保管やファイル名のリネームを行うことで、従来は個々にスキャンすることで発生していた手間やミスの発生などの悩みを解決することができるソフトウェアです。日々の業務で発生する多くの紙文書の整理整頓や収納スペースの問題を解決するとともに、顧客のID情報を含むバーコードを使って、顧客ごとにフォルダを適切に管理するなど、業務の合理化・効率化に貢献してまいります。

製品特長

PDFの分割

連続してスキャンしても、バーコードの内容を認識し、個々の文書を自動で分割します。

PDFの振り分け

バーコードの内容を認識し、あらかじめ設定したフォルダに自動で振り分け・保管できます。スキャン後のフォルダ指定などの面倒な作業が不要となります。

ファイル名の自動付与

バーコード情報に基づいて、自動で内容にあったファイル名にリネームされます。ファイル名が内容の分かりにくい記号になるのを防ぐほか、手入力によるミスもなくなります。

製品詳細

バーコードユーティリティ

複合機・スキャナー連携ソフトウェア
対応台数 1ライセンス1台*1
対応バーコード 1Dコード10種類、2Dコード3種類*2
対応OS Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016
ファイル形式(入力/出力) PDF/PDF、PDF/A-1b、TIFF
対応製品 モノクロレーザー複合機
MFC-L6900DW
MFC-L5755DW
カラーレーザー複合機
MFC-L9570CDW
MFC-L8610CDW
A3ビジネスインクジェット複合機
MFC-J6999CDW
MFC-J6997CDW
ドキュメントスキャナー
ADS-3600W
ADS-2800W
発売予定日 2020年10月15日
希望小売価格 27,500円(税込)
  • *1: 複数台で「バーコードユーティリティ」を使用する場合は、台数分のライセンスコードをご購入ください。
  • *2: サポートされているバーコードの詳細は製品詳細ページをご覧ください。

<お客様 お問い合わせ先>

サポートサイト www.brother.co.jp/support/

<報道関係 お問い合わせ先>

ブラザー販売株式会社 東京総務部 広報G 内村

TEL : 03-3272-0351
FAX : 03-3243-9788

他の画像

関連業界