原子力災害を想定した防災訓練を実施します

2020/10/15  新潟県  

原子力災害を想定した防災訓練を実施します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0323548 更新日:2020年10月15日更新

県では、原子力災害広域避難計画の実効性を高めるとともに、原子力災害発生時に備えた対応力のさらなる向上を図るため、情報伝達、広域避難・屋内退避、スクリーニング等を主な訓練項目とする原子力防災訓練を下記のとおり実施します。

1 日 時
(1) 1日目「災害対策本部運営訓練、住民避難訓練等」
令和2年10月20日(火曜日) 9時30分頃 ~ 16時00分頃
(2) 2日目「原子力災害医療訓練」
令和2年10月21日(水曜日) 13時00分頃 ~ 14時30分頃
(3) 3日目「住民避難訓練等」
令和2年10月24日(土曜日) 8時00分頃 ~ 14時00分頃

2 参加住民及び参加機関
参加住民 避難:約550人、屋内退避:約96,000人
参加機関 約65機関 約600人(県内30市町村、内閣府、原子力規制庁、東京電力ホールディングス株式会社ほか)

3 訓練項目(詳細は「取材要領」のとおり)
(1) 10月20日(火曜日)「災害対策本部運営訓練、住民避難訓練等」
ア 県災害対策本部等運営訓練
イ オフサイトセンター運営訓練
ウ 緊急時通信連絡訓練
エ 緊急時モニタリング訓練
オ Paz内の学校等における保護者への引渡し訓練
カ 道路啓開訓練

(2) 10月21日(水曜日)「原子力災害医療訓練」
キ 原子力災害医療訓練

(3) 10月24日(土曜日)「住民避難訓練等」
ク Paz内放射線防護対策施設の屋内退避訓練
ケ Paz内住民の避難訓練
コ Upz内住民の屋内退避訓練
サ Upz内住民の一時移転訓練
シ 物資搬送訓練
ス 安定ヨウ素剤緊急配布訓練
セ スクリーニング・簡易除染訓練
ソ 交通規制訓練
タ 広報活動訓練

4 その他
・ 以下に該当する場合、訓練の全部または一部を中止します。
(1) 訓練の実施中に事故が発生し、主催者が訓練継続困難と判断したとき。
(2) 県内で災害の発生又は発生のおそれがある場合、新型コロナウイルス感染症が拡大した場合等、主催者が訓練実施困難と判断したとき。
(3) その他主催者が訓練を中断することが適当と判断したとき。

【本件についてのお問合せ先】
○訓練全般に関すること
防災局 原子力安全対策課長 原
(直通)025-282-1690(内線)6450

○個別の訓練に関すること
(1) 本部等運営、緊急時モニタリング、放射線防護対策施設に関する訓練など
訓練項目:ア、イ、ウ、エ、ク、シ、タ
防災局 原子力安全対策課長 原(連絡先同上)
※コの屋内退避訓練は、必要に応じて、各市町原子力防災担当を御案内いたします。

(2) 市町村と県で行う訓練など
訓練項目:オ、ケ、コ、サ
※別添の取材要領のお問合せ先を参照ください。

(3) 原子力災害医療、スクリーニング、安定ヨウ素剤に関する訓練
訓練項目:キ、ス、セ
○訓練のうち、車両の検査・除染に関する事項を除く
福祉保健部 医務薬事課長 阿部
(直通)025-280-5182 (内線)2540
○訓練のうち、車両の検査・除染に関する事項
防災局 原子力安全対策課長 原(連絡先同上)
※スの安定ヨウ素剤の訓練は、必要に応じて、市町村原子力防災担当を御案内いたします。

(4) 道路啓開訓練
訓練項目:カ
国土交通省 北陸地方整備局 道路部 道路管理課
(直通)025-280-8880 (内線)4412

(5) 交通規制訓練
訓練項目:ソ
警察本部 交通規制課
(代表)025-285-0110 (内線)5191

報道発表資料 [PDFファイル/162KB]

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

防災局 原子力安全対策課
原子力防災対策係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎2階
Tel:025-282-1695 メールでのお問い合わせはこちら