第6回DBJサステナビリティボンドの発行について~7年連続SRI債発行によりSRI債市場発展に貢献~

2020/10/15  株式会社 日本政策投資銀行 

2020年10月15日

第6回DBJサステナビリティボンドの発行について~7年連続SRI債発行によりSRI債市場発展に貢献~

株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、2020 年 10 月 15 日に、第 6 回DBJ サステナビリティボンド(第 85 回 MTN)を発行しました。サステナビリティボンドとは、近年欧米を中心に発行が急増している社会的責任投資(SRI)債の一種であり、本件は、DBJ として 7 回目の SRI 債の起債となります。

環境面では、DBJ は、1960 年代後半からの公害対策を皮切りに、これまで約 50 年にわたり、環境対策事業に対して3 兆円以上の投融資実績を有しています。2004 年度には、DBJ 環境格付融資の運用を開始したほか、2011 年度には、DBJ Green Building 認証制度の運用を開始し、環境面に配慮した取り組みを行っています(2020 年 3 月末時点のDBJ 環境格付融資累積融資額は 1 兆 5,165 億円、2020 年 7 月末時点の DBJ Green Building認証物件数は773 件)。

社会面では、DBJ は、阪神淡路大震災等の自然災害時にセーフティネット機能を発揮してきたほか、リーマンショックや新型コロナウイルス感染症といった危機への対応も行っております。

昨今のSRI 債需要の高まりを受け、DBJ は 2014 年には初のグリーンボンドを、2015 年からはサステナビリティボンドを毎年継続発行しています。2020 年以降の新型コロナウイルスの感染拡大によりサステナブルファイナンス、特にその社会的な側面に注目が集まりました。係る状況下、高齢化、自然災害の多発及びインフラの整備等も含めた様々な社会的課題に対応するため、サステナビリティボンドフレームワークを更改し、気候変動の緩和、災害への耐性、ヘルスケアと社会福祉の環境面と社会面双方に焦点を当てフレームワークに更改いたしました。なお、今次SRI 債で調達された資金は、環境面及び社会面に対する資金に充当されます。

本起債は、SRI 投資家による継続的な投資ニーズに応えることを企図し、第 6 回 DBJ サステナビリティボンドを発行するものです。なお、プロジェクト選定や資金管理等の体制については、外部認証機関であるISS ESG よりオピニオン取得しています。

本起債では、Alliance Bernstein、Crédit Agricole SA、Danske Bank Asset Management、PFA Pension、Raiffeisen Capital Management、Schroders 等の SRI 投資家へ販売し、DBJ発行のユーロ建てSRI 債としては、2018 年のユーロ建て SRI 債と並び過去最大規模の発行額となりました。投資家属性別販売構成は、中央銀行・公的機関24%、保険・年金 5%、アセットマネジャー・ヘッジファンド58%、銀行 13%となりました。また地域別販売構成は、欧阿中東88%、アジア・太平洋 12%となりました。

DBJ は、サステナビリティ基本方針で掲げるサステナビリティ経営の一環として、今後も継続的にSRI 債を発行していく方針です。企業理念「金融力で未来をデザインします」に基づき、SRI 債市場の発展を推進するとともに、環境や社会に配慮した事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.dbj.jp/upload/dbj_news/docs/7c88a96765e960f2e5cb4f882c39ce88.pdf

関連業界

法人サービス業界のニュース