東京メトロ銀座線外苑前駅パブリックアート 大型ステンドグラス「躍動の杜」を寄贈

2020/10/16  伊藤忠商事 株式会社 

東京メトロ銀座線外苑前駅パブリックアート 大型ステンドグラス「躍動の杜」を寄贈

2020年10月16日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)は、東京メトロ銀座線外苑前駅のリニューアルに伴い、外苑前駅構内に設置されるパブリックアートの大型ステンドグラス「躍動の杜」を寄贈し、10月16日に公開いたしました。

パブリックアート 大型ステンドグラス「躍動の杜」について

「躍動の杜」は現代絵師・山下良平氏が原画・監修のアスリートの躍動感あふれる色鮮やかな作品で、スポーツの杜・明治神宮外苑の表玄関の新たなシンボルとして、熱戦の感動へいざないます。今回のステンドグラスでは、銀杏並木を全速力で駆け抜けるスプリンターと、その視線の先にトライを目指すラグビー選手や懸命に走る車いすレーサーら全力を尽くすアスリートたちが描かれています。明治神宮外苑に世界中からスポーツの感動を求めて人々が集い、歓喜することによって躍動の杜となることをイメージされています。

題名 :「躍動の杜」
原画・監修 :現代絵師 山下良平氏
設置場所 :東京メトロ銀座線外苑前駅 4a出口付近
規模・仕様 :縦2.0m×横5.0m、LED内蔵のステンドグラス
協賛 :伊藤忠商事株式会社、公益財団法人メトロ文化財団

伊藤忠商事は1980年に東京本社を外苑前駅に隣接する現在の東京都港区北青山に移転し、地域社会と連携しながら地域の発展に貢献をしてまいりました。2012年10月に東京本社に隣接するItochu Gardenに、地域貢献の拠点として「伊藤忠青山アートスクエア」をオープンし、アートを通じた「次世代育成」、「地域貢献」、「国内外の芸術や文化の振興」などを目的に、みずみずしい感性あふれる優れた作品展や国際交流の懸け橋となるイベントなどを発信しています。
東京メトロでは、ゆとりと潤いのある文化的空間の創造を目的に、駅の新設やリニューアルに合わせてパブリックアートの設置を推進しています。今回リニューアルを実施する銀座線の5駅(京橋駅、銀座駅、虎ノ門駅、青山一丁目駅、外苑前駅)にパブリックアートが設置されています。

作家プロフィール

山下良平(やました・りょうへい) 現代絵師
1973年 福岡県出身
「躍動」を一貫したテーマに絵画作品を制作。代表作はサムライシリーズやスプリンターシリーズ。コマーシャルアートの分野では有名フィットネス誌表紙をはじめ、世界的スポーツブランドなどスポーツやアスリートに特化したビジュアルを作成、音楽フェスでのライブペインティング、参加者3万人規模のマラソン大会公式ビジュアルなどを手がけています。 2010年に自身のアートブランドを立ち上げ作品の発表、販売を開始。2015年、大阪で開催されたアジア規模のアートフェアではスポンサー賞を受賞し、エンターテインメント系現代絵師としての道を開拓中です。

他の画像

関連業界