ツキノワグマによる人身被害が発生しました!十分に御注意願います!(自然保護課)

2020/10/16  宮城県  

ツキノワグマによる人身被害が発生しました!十分に御注意願います!(自然保護課)

掲載日:2020年10月16日更新

担当課
記者発表資料

令和2年10月16日
自然保護課野生生物保護班
担当:水田
内線:2673

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

ツキノワグマによる人身被害が発生しました!十分に御注意願います!

10月16日(金曜日)正午頃,栗原市築館字築館新八ツ沢地内の山林において,82歳の女性がツキノワグマに襲われ,頭部や腕を負傷しました。襲われた後,自力で帰宅し,家族が救急要請を行い,病院で治療を受けています。

県に寄せられた今年度のツキノワグマの出没報告は,10月16日現在で817件(前年度同期769件,6.2%増)となっており,今年度の人身被害は今回が1件目となっております。

ツキノワグマは秋になると冬眠に備えるため,活発にエサを探します。今年は好物であるブナの実りが凶作になるとの予測が出されており,特に注意が必要です。

人身被害に遭わないため,農林作業や紅葉狩り,芋煮会などで山や河川に出かけるときは,次のことに注意してください。

○ 自然豊かな宮城県はツキノワグマの生息地です。特に,東北自動車道以西の山とつながっている林や河川の藪などには,どこにでもツキノワグマがいると思って行動しましょう。

○ ツキノワグマは本来臆病な動物で,人の気配を感じればその場から逃げ去ります。ラジオ,鈴,笛など音の鳴る物で,早めに人の気配をツキノワグマに知らせましょう。

○ ツキノワグマの行動が活発になる朝夕は,特に単独行動は控えましょう。

○ ツキノワグマは人の食べ物が大好きです。誘引しないよう,キャンプ場や山林,渓流等で発生した生ゴミは必ず持ち帰りましょう。また,収穫しない庭先の果樹は放置しないで早めに取り去りましょう。

○ 万一,ツキノワグマに出会ってしまったら,急な動作をするとツキノワグマを刺激し攻撃される可能性が高いので,落ち着いて静かにその場から離れましょう。

県では,ツキノワグマの生態や出没情報をホームページでお知らせしています。

自然保護課ホームページhttps://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sizenhogo/r2kumajoho.html

参考(令和2年10月16日時点)

年 度

H25

H26

H27

H28

H29

H30R1r2

出没件数

512件

904件

504件

1,642件

880件

1,035件883件817件

人身被害件数

3件

4件

1件

6件

3件

1件6件1件
担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

このページを見ている人はこんなページも見ています