太平洋・島サミット中間閣僚会合の開催

2020/10/16  外務省 

報道発表

太平洋・島サミット中間閣僚会合の開催

令和2年10月16日

英語版 (English)

10月20日、太平洋・島サミット中間閣僚会合をテレビ会議方式で開催します。同会合では、茂木敏充外務大臣とサイモン・コフェ・ツバル法務・通信・外務大臣(Hon. Simon KOFE, Minister of Justice, Communications and Foreign Affairs of Tuvalu)が共同議長を務めます。
今次の太平洋・島サミット中間閣僚会合は、太平洋諸島フォーラム(PIF)のメンバーである18の太平洋島嶼国・地域から外務大臣等が出席し、第8回太平洋・島サミット(2018年5月開催)のフォローアップを行うとともに、2021年に三重県志摩市で開催予定の第9回太平洋・島サミットに向けた議論を行う予定です。

[参考]太平洋・島サミット中間閣僚会合
前回の太平洋・島サミットの成果をフォローアップするとともに、次回の同サミットに向けた方向性について議論を行うための会合。今回で4回目。

[参考]太平洋諸島フォーラム(PIF)のメンバー国・地域(18か国・地域)
キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、ナウル、ニウエ、
バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦、
ニューカレドニア、仏領ポリネシア、オーストラリア、ニュージーランド

関連リンク