旧中村家住宅(塩尻市)、坂戸橋(中川村)が重要文化財に指定されます

2020/10/16  長野県  

更新日:2020年10月16日

旧中村家住宅(塩尻市)、坂戸橋(中川村)が重要文化財に指定されます

長野県(教育委員会) プレスリリース 令和2年(2020年)10月16日

本日、令和2年10月16日(金)に開催された文化審議会文化財分科会の審議・議決を経て、下記建造物の重要文化財指定について、文化審議会から文部科学大臣への答申が行われました。

今後、官報告示を経て、重要文化財に指定されます。

文化財の概要

旧中村家住宅(塩尻市奈良井)

旧中村家住宅主屋外観(南東より)

奈良井宿を代表する塗櫛の商家 /2棟 天保14(1843)年頃建築

坂戸橋(上伊那郡中川村大草・片桐)

坂戸橋全景(下流側河川より)

我が国の技術的達成度を示す道路橋 /1基 昭和7(1932)年建設

※本件が指定されますと、長野県内の重要文化財の件数は180件(建造物82件、美術工芸品98件)(国宝の件数=建造物6件、美術工芸品4件を含まない)となります。

※長野県内の重要文化財(建造物)指定は、旧松本区裁判所庁舎(松本市、平成29年11月28日指定)以来となります。

※詳細及び問い合わせ先は別添資料をご覧ください。

関連資料

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局文化財・生涯学習課

担当者名:(課長)小林 司 (担当)市川 厚

電話番号:026-235-7441

ファックス番号:026-235-7493

他の画像