下関漁港における無許可係留船の撤去について

2020/10/16  山口県  

下関漁港における無許可係留船の撤去について

令和2年 (2020年) 10月 16日

下関漁港(本港地区)において、平成21年から無許可係留となっていた沖合底びき網漁船(第七・第八泰世丸の2隻)について、行政代執行法(昭和23年法律第43号)に基づき、9月2日から船内に立入りし、撤去の準備を進めていましたが、下記のとおり10月20日から撤去作業(曳航による移動)を開始しますのでお知らせします。


1 行政代執行の対象船舶


名称第七泰世丸第八泰世丸
進水年昭和63年同左
総トン数75トン(全長27.5m)同左
所有者有限会社泰世水産同左

2 撤去を行う理由

船の老朽化が著しく、沈船した場合は漁港に大きな被害が及ぶおそれがあり、また、現在整備中の荷さばき所の全面供用に伴い、荷揚げ等に入ってくる船の利用の支障となり、事故が発生する危険性があるため


3 撤去作業の内容

(1) 実施時期

令和2年10月20日から同年11月30日までの間(状況により延長の可能性あり)

(2) 作業予定

下記の日程により、同船を下関漁港から解体場所まで曳航して移動し、解体する。

日程内容
10月20日から11月上旬曳航による移動(1隻目・第七泰世丸)
同日 7時30分から8時00分 曳航作業準備
8時00分から8時40分 曳航開始
曳航完了後 ドックにて解体作業(~11月上旬)
11月上旬~11月下旬曳航による移動(2隻目・第八泰世丸)
※1隻目と同様の作業工程

※ 作業予定については、作業の進捗状況、気象条件等により変更になる可能性があります。


4 執行責任者の氏名

山口県農林水産部漁港漁場整備課長 藤江 耕二

山口県下関水産振興局長 三浦 忠


5 行政代執行実施期間中のお問合せ先

山口県下関水産振興局 主査 藤津 毅

電話(083)266-2141


[参考]

○主な経緯

時期経緯
H21.1~無許可係留開始
H27.4~当該海域を漁港漁場整備法に基づく放置等禁止区域に指定
R1.9.26漁港漁場整備法に基づき11月30日までに同船を移転・除却(撤去)するよう命令
R1.12.23行政代執行法に基づき令和2年3月31日までに同船を移転・除却(撤去)するよう戒告
R2.4.21行政代執行を行う旨を代執行令書により通知
R2.9.2行政代執行着手(撤去準備作業開始)

○係留場所

下関市大和町一丁目30番地先

(下関漁港 大和町岸壁 10号上屋付近)



お問い合わせ先

漁港漁場整備課
Tel:083-933-3569
Fax:083-933-3579
Mail:a16600@pref.yamaguchi.lg.jp

下関水産振興局
Tel:083-266-2141
Fax:083-266-2146
Mail:a16401@pref.yamaguchi.lg.jp