生活衛生功労者に対する厚生労働大臣表彰について

2020/10/16  山口県  

生活衛生功労者に対する厚生労働大臣表彰について

令和2年 (2020年) 10月 16日

厚生労働省は、生活衛生に顕著な功績があった者に対し、毎年度厚生労働大臣表彰を実施しており、今年度、本県から下記の者が表彰されます。



1 表彰内容

区分内容氏名
生活衛生関係功労者生活衛生関係営業に関し、衛生措置の改善向上等に顕著な功績があった者中野 和明、廣石 正明、倉本 達眞

2 表彰式

日時:令和2年10月23日(金曜日) 12時30分から14時20分

場所:ホテルニューオータニ(東京都千代田区紀尾井町4-1)


3 受賞者の功績等

氏名・年齢 (住所)職業等功績概要
中野 和明 66歳(萩市)山口県すし商生活衛生同業組合 理事後継者育成の必要性から、高校生に対しすしに携わる素晴らしさを熱心に指導する等、長年にわたり、組合の組織強化、衛生思想の普及啓発、経営の近代化、若き経営者の育成指導等に尽力した。
廣石 正明 54歳(下松市)山口県理容生活衛生同業組合 常任理事県理容生活衛生同業組合役員として、組員相互の融和を図り、業界の振興、発展に大きく寄与するとともに、各種事業の推進や組合の活性化に積極的に取り組み、組合員の経済的地位向上に尽力した。
倉本 達眞 70歳(下関市)山口県クリーニング業生活衛生同業組合 監事県クリーニング業生活衛生同業組合役員として、指導的な役割を担い、公衆衛生の向上に努めるとともに、常に斬新的な知識や技術を取り入れる必要性を提唱し、業界の資質向上に尽力した。

※ 年齢、職業等は令和2年4月1日現在



お問い合わせ先

生活衛生課指導班
Tel:083-933-2970
Fax:083-933-3079
Mail:a15300@pref.yamaguchi.lg.jp