「知事指定薬物」を新たに指定します。

2020/11/19  新潟県  

「知事指定薬物」を新たに指定します。

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0330606 更新日:2020年11月19日更新

本日、「新潟県薬物の濫用の防止に関する条例」(以下「条例」という。)第16条の規定に基づき、県内において濫用又はそのおそれがある3物質を「知事指定薬物」に指定し、告示しました。
「知事指定薬物」を含む製品の製造、販売、所持、使用等は条例で禁止されており、違反すれば罰則の対象となります。

新たに知事指定薬物として指定する物質の名称等

[物質1]
化学名:メチル=3,3-ジメチル-2-[1-(ペント-4-エン-1-イル)-1H-インダゾール-3-カルボキサミド]ブタノアート及びその塩類
通称名:MDMB-4en-PINACA

[物質2]
化学名:1-{2-メチル-4-[(E)-3-フェニルプロパ-2-エン-1-イル]ピぺラジン-1-イル}ブタン-1-オン及びその塩類
通称名:2-methyl-AP-237

[物質3]
化学名:N,N-ジエチル-2-{[2-(4-イソプロポキシフェニル)メチル]-5-ニトロ-1H-ベンゾ[d]イミダゾール-1-イル}エタン-1-アミン及びその塩類
通称名:Isotonitazene

※構造式は報道発表資料のとおり。国内流通未確認のため、製品例はありません。

公布日・施行日

公布日:令和2年11月19日(木曜日)
施行日:令和2年11月20日(金曜日)

県民の皆様へお願い

(1)「危険ドラッグ」は人体摂取すると、使用がやめられなくなったり、重篤な健康被害や事件・事故を引き起こすことがあり、麻薬や覚醒剤と同様に大変危険な薬物です。絶対に人体摂取しないでください。
健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。
(2)「知事指定薬物」を含有する製品をお持ちの方は、直ちに県医務薬事課に申し出て、その指示に従ってください。

報道発表資料

報道発表資料 [PDFファイル/248KB]

<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 医務薬事課
薬事指導係
〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県庁行政庁舎12階
Tel:025-280-5188(直通) Fax:025-280-5641 メールでのお問い合わせはこちら