ツキノワグマによる人身被害の発生について

2020/11/19  富山県  


生活環境文化部
担当:自然保護課 野生生物係 小杉、北村
電話:(直通)076-444-3397 (内線)2704

令和2年 11 月 19 日
ツキノワグマによる人身被害の発生について
本日、クマによる人身被害(今年度5件目、今秋 1 件目)が発生しました。

秋期は、冬眠を目前にしたクマが、食べ物を求めて一年の中で最も活発に行動
するため、山里から平野部に出没しており、厳重な注意が必要です。
朝夕の外出を控えることに加え、外出の際には、鈴など音が出るものを携帯し
クマに自分の存在を知らせること、屋外作業の際には適宜周囲の状況を確認する
など、不意に遭遇しないよう注意ください。

人身被害発生の概要
被害発生日時 令和2年 11 月 19 日(木)午前6時 25 分頃
発生箇所
南砺市西明地内(旧城端)
被害者
女性 74 歳 1名
遭遇時の状況
・自宅敷地内で落ち葉拾いをしていたところ、背後から現れたクマに襲われた。
・自力で自宅に戻り、家族より救急通報。
・砺波総合病院へ救急搬送。
被害者の状況
・左顔面に噛み傷。左膝付近に出血(怪我の程度は不明。意識あり)
・砺波総合病院で治療中。
対応の状況
・加害個体は逃走。発見に至らず。
・富山県ツキノワグマ管理計画に基づき、南砺市、地元猟友会、警
察等で現地パトロールを実施。地元町内会への注意喚起を実施中。
・夕方、及び翌日、改めて付近をパトロール予定。
・県民への注意喚起を実施。

News Release


令 和 2 年 9 月 2 日 富 山 県 自 然 保 護 課
令和2年
富山県ツキノワグマ出没警報(第2報)
秋のクマの主食と考えられる堅果類(ドングリ)の豊凶調査の結果、クマの出没に関係の深いブナが調査開始以来初めて2年連続凶作となるなど作柄が悪く、クマが餌を求めて人里に出没する恐れが高い状況です。自身の安全確保や被害の未然防止のため、山間部での遭遇に注意することはもとより、平野部や人家近くでの出没に対して十分な対策をとり、警戒するようお願いします。

1 自宅やその周辺では、利用する予定の無い果樹は早めに実を取り除き、又は木を伐採する、
生ゴミを処分するなどしてクマの誘引物を除去してください。

誘引物がある限り、クマは何度も繰り返し接近しますので、餌場と思い込ませないように早期に対策
を実施しましょう。地区や町内会、鳥獣害対策協議会など地域ぐるみで取り組むと、広い範囲で誘引物を無くすことができるので非常に効果があります。是非、実行してください。
2 山里の集落に隣接するやぶや、山間部を流れる河川敷などの草むらの刈り払いを、地域ぐる
みで協力して進めてください。

クマは、やぶや河川敷の草むらに隠れて移動し、集落周辺に出没しますので、移動ルートを分断して
集落に近寄せないようにしましょう。出没の際も発見しやすくなります。

3 クマの家屋侵入を防ぐため、住宅・車庫・倉庫等の戸締まりを徹底してください。
倉庫等に食べ物があると、夜間に侵入し居座ることがあります。
4 クマは朝夕に活発に活動しますので、朝夕の不要不急の外出や農作業等は控えてください。
農作業中は作業に没頭しがちなため被害を受ける例も多いので、鈴やラジオを利用して自分の存在を示
し、適宜周囲の状況に注意を払ってください。
また休憩は自動車や家屋などの中でとるなどしてください。

加えて、高齢者は、防災無線やパトカー・消防車でのアナウンスに気づかないこともあることから、地
域ぐるみでの声かけや、不要不急の外出を控えるよう注意喚起をお願いします。
5 県内の山はクマの生息地です。
秋は冬眠するために必要な食べ物を求めて奥山から里山まで幅広く行動することが予想されることか
ら、入山する必要がある際は鈴やラジオを利用して自分の存在を示し、適宜周囲の状況を確認するなど、厳重な注意と対策が必要です。ヘルメットの着用やクマ撃退スプレーも効果的です。
6 突発的に近距離で出遭った場合には、静かにゆっくりと後退し、身を隠せる場所に退避して
下さい。退避が困難な場合には、頭部や頸部を防御してください。
クマを刺激せず、落ち着いて行動することが大切です。クマから目を離さず(ただし目を合わせずに)、間に樹木など障害物を挟むようにしながら、ゆっくりと行動してください。
さらにクマが接近してきた場合には、被害を最小限に食い止めるため、うつ伏せになり、鞄などで頭
部、頸部を守る防御姿勢をとってください。
7 随時、クマの出没箇所を確認し、危険な場所には近づかないでください。
足跡や爪跡、糞を発見した場合は、付近に潜んでいる可能性がありますので、発見した場合は、不用
意に近づかずに、市役所・町役場又は警察署に連絡してください。また、県ホームページで公表しているクマの出没情報地図「クマっぷ」などを活用し、その地域のクマの出没状況を確認してください。
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1709/kj00020161-003-
01.html
クマに関する相談、情報提供先 富山県自然保護課 TEL076-444-3397
9 月 2 日付で発令した「富山県ツキノワグマ出没警報(第 2 報)」
現在も継続中



令和2年 ツキノワグマによる人身被害の状況
R
2.8.9現在
件数
月日時間
市町村
場所
被害者
遭遇時の状況
負傷の状況

R
2.
5. 3 (日)
11:00頃
上市町 蓬沢
男性80代
(実施隊員)
パトロール中にクマと遭遇し発砲。確認のため近づいたところクマに反撃され負傷した。
頭部から顔面にかけて引っ掻き傷(重傷)

R
2.
5.17 (日)
9:20頃
富山市
石田(旧富山市)
女性92歳女性84歳
①自宅敷地内でクマと遭遇し、驚いた際に転倒し負傷した。
②畑で農作業中にクマに襲われた。
①左下腿部骨折(重傷)
②右腕、右下腿部に噛み傷(重傷)

R
2.7.28 (火)
18:30頃
富山市 八尾町下笹原
女性80歳
自宅付近の神社を散歩中、後ろからクマに襲われた。
左脹脛(ふくらはぎ)、左臀部、右足膝裏に噛み傷(軽傷)

R
2.8.9 (日)
6:45頃
南砺市
相倉(旧平村)
男性20代
(観光客)
集落を散歩中に繁みから現れたクマに遭遇し、声を出して威嚇したところ、襲われた。
左手首、左掌に噛み傷(軽傷)
計4件 5名

他の画像